快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

MENU

2021年7月4日の新馬戦について本気出して考えてみた

 平素よりお世話になっております。竹龍(@26kago)です。昨日は新馬戦本命馬0-3-0-2の完封負け。今のところ平場は単勝一点・重賞は複勝一点を継続していましたが、今後は平場も複勝一点にした方がいい気もしてきました。ともあれ本日もよろしくご査収ください。

 

 Youtube最新動画も是非ご覧ください☟


www.youtube.com

 

函館5R(芝1800㍍)

アクティブバイオ

f:id:kago26:20210702232030p:plain
【期待度C:勝ち上がり】

 「キズナ×French Deputy」は中央勝ち上がり率52.1%(12頭/23頭)の黄金配合。「ディープインパクト×Vaguely Noble」はトーセンラースピルバーグと共通し、中央勝ち上がり率72.4%(63頭/87頭)の黄金配合。キズナの代でもマルターズディオサを輩出しており、継続して注目のニックスだ。

ブルーロワイヤル

f:id:kago26:20210703001300p:plain
【期待度B:OP特別級】

 ラスティックベル牝系。母アナスタシアブルーは中央2勝。「キングカメハメハ×Fairy King」は中央勝ち上がり率52.0%(13頭/25頭)の黄金配合。仕上がり早の長めマイラーでこの条件はドンピシャ。

マイネルシーマー

f:id:kago26:20210703002215p:plain
【期待度C:勝ち上がり】

 クリアアンバー牝系。母マイネアルナイルは中央4勝。「ゴールドシップ×ロージズインメイ」はユーバーレーベンと共通し、中央勝ち上がり率57.1%(4頭/7頭)の黄金配合。サンデーサイレンス3×4で間延びしそうなところをノーザンテースト≒The Minstrel5×5×5で最低限締めているのも好感が持てる。

小倉5R(芝1800㍍)

フィデル

f:id:kago26:20210703003409p:plain

期待度A:重賞級

 半姉シャンパンルーム(父Broken Vow)は米GⅠBCジュベナイルフィリーズ(ダ8.5F・2歳牝)など重賞2勝のエクリプス賞(米)2歳牝馬チャンピオン。本邦デビューの半兄ラッキーモー(父Uncle Mo)は新馬勝ち。「ハーツクライ×Bernstein」は中央出走3頭中2頭が重賞連対(ヒシイグアス・アドマイヤアルバ)の黄金配合。代々軽くて速い米血を重ねてきたので、ハーツ産駒にしては仕上がりの早さに期待できる。全体の配合型や厩舎からマイラプソディのイメージで間違いない。オーナーの過去預託厩舎を考えると、ここでの友道厩舎からは相当な勝負気配を感じる。

2021-2022POGについて配合のオタクが本気出して考えてみた - 快晴武頼庵

タイセイアンセム

f:id:kago26:20210703004552p:plain
【期待度C:勝ち上がり】

 クリアアンバー牝系。母タイセイララバイは中央3勝。「オルフェーヴル×シンボリクリスエス×Sadler's Wells=Fairy King」はオーソリティと共通し、中央勝ち上がり率100.0%(5頭/5頭)の黄金配合。本馬はSadler's Wells=Fairy Kingは引かないものの、4分の3同血のNureyevを引くので配合としては相似している。

福島5R(芝1800㍍)

ウインピクシス

f:id:kago26:20210703192839p:plain

【期待度C:勝ち上がり】

 母コスモアクセスは中央4勝。「ゴールドシップ×ロージズインメイ」はユーバーレーベンと共通し、中央勝ち上がり率57.1%(4頭/7頭)の黄金配合。RobertoやHalo≒Red Godのクロスで小回り適性を強化した。

ワープスピード

f:id:kago26:20210703193602p:plain
【期待度B:OP特別級】

 母ディープラヴはGⅢ新潟大賞典(芝10F)を制したサンデーウィザード、GⅢダービー卿チャレンジT(芝8F)を制したヒーズインラブの半姉。「ドレフォン×ディープインパクト」は「ディープインパクト×Storm Cat×Relaunch」と共通する黄金配合で、既にカワキタレブリーが新馬勝ち。二代母シーズインクルーデッドを異系とする「4分の3ND・4分の1異系」になるのも好ましい。距離は1ハロン長い印象。

小倉6R(芝1200㍍)

イレギュラー

f:id:kago26:20210703202405p:plain

【期待度C:勝ち上がり】

 パロクサイド牝系。母ワタシダイナマイトは中央2勝。「シルバーステート×Danehill」はNiniski≒Danehillの馬力を増幅する好配合で、既にメリトクラシー新馬勝ち。Robertoクロスも併せてNashua≒Nantallahを重ねているのも良い。距離はもう少し欲しいところ。

サンパティー

f:id:kago26:20210703203850p:plain

【期待度C:勝ち上がり】

 母モアザンセイクリッドは新GⅠオークス(芝12F・3歳牝)、新GⅢワイカトタイムズゴールドC(芝12F)、新GⅢARCサンラインヴァーズ(芝10.5F)制覇。「ハーツクライ×Danehill」はサリオスと共通し、中央勝ち上がり率51.8%(28頭/54頭)の黄金配合。ジャスタウェイの代でもダノンザキッド・テオレーマを輩出しており、継続して注目のニックスだ。距離は明らかに短い。

セイウンケルン

f:id:kago26:20210703205643p:plain

【期待度C:勝ち上がり】

 母オーデコロンは中央3勝。「カレンブラックヒル×Machiavellian」は中央勝ち上がり率100.0%(1頭/1頭)。ダイワメジャー黄金配合を累進する形になるので筋も通っているし、ノーザンテースト≒The Minstrel4×4も好ましい。米血主体なので距離はこのぐらいで良い。

福島6R(芝1200㍍)

ニシノレバンテ

f:id:kago26:20210703214608p:plain

【期待度C:勝ち上がり】

 ヘザーランズ牝系。母ワイキキブリーズは中央2勝。「イスラボニータ×フレンチデピュティ」はフジキセキ×CozzeneのEight Thirty≒War Relicをフレンチデピュティで累進する好配合。ダート替わりで。

ネッスンドルマ

f:id:kago26:20210703215944p:plain

【期待度B:OP特別級】

 母プリンセスルーシーは米GⅠBCターフスプリントなど重賞9勝のObviouslyと4分の3同血の半妹。Sadler's Wells・Red Godを持つダイワメジャー黄金配合。母父がスプリンターなのでこのぐらいの距離でも。