快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

MENU

2021年6月13日の新馬戦について本気出して考えてみた

 平素よりお世話になっております。絶賛POGドラフト動画(後編)編集中の竹龍(@26kago)です。前編は投稿済なので是非ご覧ください(念押し)。

 


www.youtube.com

 

 勘違いされている方がいるようなのでもう一度押さえておきますが、この記事は新馬戦注目馬の血統解説になります。あくまで良い配合の馬を紹介しているだけで、新馬戦予想ではないことをあらかじめご承知おきください。

 

今週からの変更点

・記事を週単位から開催日単位に変更しました。

・解説馬に対して「期待度」の項目を追加しました。(過去記事反映済)

【A:重賞級 B:OP特別級 C:勝ち上がり】

 

本日もよろしくご査収ください。

 

札幌5R(芝1200㍍)

 血統注目馬なし。馬券的には、人気だがラスティックベル牝系で坂路猛時計のグットディール。

中京5R(芝1200㍍)

ダグザ

f:id:kago26:20210611230304p:plain

【期待度B:OP特別級】

 母タリサは仏GⅠ馬Fideliteの半妹。「Invincible Spirit×Sharpen Up」はシュネルマイスター・エリザベスタワーと共通し、中央勝ち上がり率66.6%(8頭/12頭)の黄金配合。父Shalaaの時点でKris=Diesisの全兄弟クロスを持つので、本馬はそれを更に強化した形になる。洋芝向きスプリンター。

メリトクラシー

f:id:kago26:20210612192135p:plain
【期待度C:勝ち上がり】

 母メリオーラは仏L(芝10F)2勝。新種牡馬シルバーステートはNiniskiの血を引くので、Danehillとの相性にはある程度期待できるだろう。RahyでHaloも刺激して、小回りを捲るパワーマイラー。この距離は明らかに短い。

ルショコラ

f:id:kago26:20210611231516p:plain

期待度A:重賞級

 二代母コスモヴァレンチはGⅢ小倉2歳S(芝6F・2歳)制覇、母マイネショコラーデはドリームバレンチノの全妹・ウインムートの全姉でGⅢ函館2歳S(芝6F・2歳)2着、全兄マイネルグリットはGⅢ小倉2歳S(芝6F・2歳)という2歳S特効血統。「スクリーンヒーロー×ロージズインメイ」は中央勝ち上がり率72.7%(8頭/11頭)の黄金配合。「スクリーンヒーロー×ロージズインメイ×マイネルラヴ」まで絞れば中央出走3頭中2頭がOP勝ちの高打率。Roberto直系牝馬は割引材料だが、2歳夏での荒稼ぎに期待。

東京5R(芝1800㍍)

アンビション

f:id:kago26:20210612005055p:plain

【期待度C:勝ち上がり】

 バレークイーン牝系。「ハービンジャー×キングカメハメハ」はブラストワンピース・モズカッチャンと共通し、「ハービンジャー×Nureyev×Nijinsky」の黄金配合をお手軽に作れるパターンだ。全姉は7戦未勝利に終わったが、配合は間違いないので推奨。距離は最低限2000は欲しいところで、且つクラシック期間はあくまで本格化待ち。

ヴァーンフリート

f:id:kago26:20210612005153p:plain

【期待度B:OP特別級】

 ソニンク牝系。母ロスヴァイセは中央3勝。「リオンディーズ×シンボリクリスエス×サンデーサイレンス」は前述の「エピファネイア×キングカメハメハ×サンデーサイレンス」と同型になる好配合。Roberto×Mr.Prospector×Nureyev≒Sadler's WellsのNashua≒Nantallah血脈のクロスを累進した配合で、牝系的にも芝ダート兼用の中距離馬。不愉快POG設立以来2年連続で活躍馬(ヴェルトライゼンデ・モントライゼ)を輩出する『籠のリスト11位指名枠』、今年はこの馬でいきたい。

2021-2022POGについて配合のオタクが本気出して考えてみた - 快晴武頼庵

グランシエロ

f:id:kago26:20210612005247p:plain
【期待度C:勝ち上がり】

 「ハーツクライ×Danehill」はサリオスと共通し、勝ち上がり率52.8%(28頭/53頭)の黄金配合。母はCoup de Folie4×3の名牝クロスを持ち、Danehill以外にもMachiavellianやRoyal Academyなど母系に入って弄りがいのある血を多く持つので、繁殖としての期待は大きい。

フィフティシェビー

f:id:kago26:20210612005329p:plain

期待度A:重賞級

 母Stopchargingmariaは米GⅠCCAオークス(ダ9F・3歳牝)、米GⅠアラバマS(ダ10F・3歳牝)、米GⅠBCディスタフ(ダ9F・牝)など重賞8勝。「Preach=Yarn」の全姉妹クロスは無敗の米三冠馬Justifyと共通し、中央勝ち上がり率66.6%(2頭/3頭)の黄金配合。二代母がBuckaroo≒Bebopper2×4、母が五代アウトブリードなので、緊張→緩和→緊張のリズムが美しい。オーナーは11月の米GⅠBCジュベナイル(ダ8.5F・2歳)を目指す意向を示しており、この馬をドヤ顔指名したいがために今年の不愉快POGは海外G競走を集計対象に加えた(主催者特権)。

2021-2022POGについて配合のオタクが本気出して考えてみた - 快晴武頼庵