快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

MENU

2021牝馬クラシック路線について本気出して考えてみた

 平素よりお世話になっております。竹龍(@26kago)です。

 

 2020年の中央競馬も終了し、今年も振り返りの時期がやってきました。今回は明け3歳世代、2021牝馬クラシック路線の注目馬をご紹介します。あくまで現段階でのパフォーマンスによる判定にはなりますが、この中から桜花賞馬・オークス馬が出てくることを確信しています。是非参考にしていただければと思います。

ソダシ

厩舎:須貝尚介 生産:ノーザンファーム 馬主:金子真人ホールディングス

戦績:新馬1着(函館芝1800)⇒札幌2歳S1着(札幌芝1800)⇒アルテミスS1着(東京芝1600)⇒阪神JF1着(阪神芝1600)

f:id:kago26:20201220131901p:plain

 シラユキヒメ牝系。無傷4連勝の2歳女王。脚質こそ違うが、クロフネ産駒である点・条件不問のオールラウンダーらしさはホエールキャプチャを彷彿とさせる。現状の完成度が非常に高く、逆に言えば3歳になってからの成長力は望めない。クラシックで勝ち切るイメージは湧かないが、能力は高いので常に掲示板のどこかにはいるだろう。単勝を買うなら関東オークス

サトノレイナス

厩舎:国枝栄 生産:ノーザンファーム 馬主:サトミホースカンパニー

戦績:新馬1着(東京芝1600)⇒サフラン1着(中山芝1600)⇒阪神JF2着(阪神芝1600)

f:id:kago26:20201220133047p:plain

 母バラダセールは亜牝馬二冠。ディープインパクト×Not For Saleはダノンファンタジーや全兄サトノフラッグと同配合。新馬戦のパフォーマンスは正直物足りないところだったが、2戦目のサフラン賞では上がり2位にコンマ5秒差をつけた圧巻の末脚を披露。配合からは兄同様のジリ脚型に出そうなものだが、牝馬に替わってキレが発現している。阪神JFでは明らかに追走が忙しそうだったが、2着に追い込める辺り能力は本物。GⅠ出走組から優駿牝馬で本命を打つならこの馬

ユーバーレーベン

厩舎:手塚貴久 生産:ビッグレッドファーム 馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

戦績:新馬1着(東京芝1800)⇒札幌2歳S2着(札幌芝1800)⇒アルテミスS9着(東京芝1600)⇒阪神JF3着(阪神芝1600)

f:id:kago26:20201220140727p:plain
 マイネルファンロンと4分の3同血の半妹。ゴールドシップ×ロージズインメイは7頭出走し4頭勝ち上がり。札幌2歳S2着の内容が秀逸で、父ゴールドシップを彷彿とさせる捲りを披露。アルテミスSは大きく着順を落としたが、阪神JFでは上がり最速33.6の追い込みで3着と世代上位の能力をアピールした。こちらもマイルでの追走は忙しい。陣営には皐月賞への出走を検討して頂きたいところだが…。道悪かつ騎手がまともという条件付きで、優駿牝馬有力候補。

メイケイエール

厩舎:武英智 生産:ノーザンファーム 馬主:名古屋競馬

戦績:新馬1着(小倉芝1200)⇒小倉2歳S1着(小倉芝1200)⇒ファンタジーS1着(阪神芝1400)⇒阪神JF4着(阪神芝1600)

f:id:kago26:20201226120958p:plain
 シラユキヒメ牝系。短距離前傾ラップを唸りながら3連勝。阪神JFでは初の後傾ラップに泣かされたが、直線先頭で見せ場は作った。成績からスプリンターと判断されるだろうが、馬体や血統からは短めマイラーの評価が妥当。マイラーとしての格は現時点では頭一つ抜けているように感じる。気性面で課題は残るが、GⅠ出走組から桜花賞で本命を打つならこの馬

アカイトリノムスメ

厩舎:国枝栄 生産:ノーザンファーム 馬主:金子真人ホールディングス

戦績:新馬戦7着(新潟芝1600)⇒未勝利戦1着(東京芝1600)⇒赤松賞1着(東京芝1600)

f:id:kago26:20201228202844p:plain
 母アパパネ牝馬三冠。ディープインパクト×キングカメハメハは38頭出走し27頭勝ち上がり。新馬戦は見せ場無しの大敗に終わったが、次走で立て直すと、赤松賞では上がり2位にコンマ7秒差をつける上がり最速33.9で突き抜けた。現状母とほぼ同じローテーションである点も今後を期待させる。桜花賞有力候補。

レフトゥバーズ

厩舎:萩原清 生産:ノーザンファーム 馬主:池谷誠一

戦績:新馬1着(東京芝1600)

f:id:kago26:20201228204320p:plain
 母テルアケリーは米GⅠデルマーデビュータントS(AW7F)制覇。ディープインパクト×Tapitはグランアレグリアを筆頭に11頭出走し8頭勝ち上がり。ディープインパクト×Storm Catの黄金配合も併せ持つ。新馬戦では、上がり2位に1秒差をつける上がり最速33.4で圧勝。5月生まれで418㌔と成長待ちではあるが、現時点での桜花賞本命

エルカスティージョ

厩舎:斉藤崇史 生産:ノーザンファーム 馬主:キャロットファーム

戦績:新馬1着(阪神芝1400)

f:id:kago26:20201228210101p:plain
 母エルミラドールは不出走だが、フサイチホウオートールポピーアヴェンチュラの全妹。Nureyev5×4とTry My Best=El Gran Senor5×4のロードカナロア産駒という点からはアーモンドアイを彷彿とさせる。内回り1400㍍がベストとは思えない血統構成で2馬身半差の圧勝は光るものを感じた。現時点での優駿牝馬本命