快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

クイーンSの血統を考える2020

平素よりお世話になっております。

竹龍(@26kago)です。

Twitter(☝)にて『 #今日の新馬 』として新馬戦出走馬から好配合馬を紹介しています。

よろしければそちらもどうぞ。

先週の結果

アイビスSD 無-○-無

 

今週の考察もよろしくご査収下さい。

 

現在『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ


最強競馬ブログランキングへ

クイーンS

コース解説

札幌芝1800㍍

直線半ばからのスタート。スタートしてすぐに1角を迎えるので、内の先行馬はポジション取りの面で有利。コース全体を通してほぼ起伏が無く、コーナー角が緩いので捲りも決まりやすい。開催前半で馬場も良いので内先行有利は更に顕著に。

f:id:kago26:20200627184029g:plain

出典:http://www.jra.go.jp/facilities/

f:id:kago26:20200627184045g:plain

出典:http://www.jra.go.jp/facilities/

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20200430135011p:plain

血統ポイント

Danzig

19年1着 ミッキーチャーム

19年3着 カリビアンゴールド

18年1着 ディアドラ

18年3着 ソウルスターリング

15年1着 メイショウスザンナ

【20年該当馬】

 アロハリリー/ウインゼノビア/カリビアンゴールド/シャドウディーヴァ/タガノアスワド

Nureyev

18年1着 ディアドラ

17年1着 アエロリット

17年2着 トーセンビクトリー

15年3着 イリュミナンス

【20年該当馬】

 アロハリリー/オールフォーラヴ/フェアリーポルカ/モルフェオルフェ

出走予定馬評価

f:id:kago26:20200727203057p:plain

評価点上位馬解説

1位:フェアリーポルカ

《配合》4点

フェアリードール牝系。同牝系とキンカメ系種牡馬との配合は、トゥザグローリートゥザワールドトーセンビクトリー三兄妹を始め、6頭の重賞馬を輩出するニックス。

《舞台適性》4点

Nureyev5×3かつ代々Hyperionを増幅する配合をしているので、中距離内回り向きの機動力型。札幌はコーナー角が緩いので相対的にベスト条件とは言えないが、力は充分発揮できる。

《近走実績》5点

目下重賞二連勝。Hyperion牝馬らしく古馬になってからの充実度が目立つ。

2位(同率):カリビアンゴールド

《配合》3点

母サバナパディーダは英GⅡウィンザーフォレストS(芝8F)等重賞三勝。

《舞台適性》5点

ステゴ×Danzigで内回り向きの先行型中距離馬。Green Desertらしく洋芝は【1-3-3-1】のベスト条件。昨年の同レースでは大外枠からタイム差無し3着。内枠を引くことが出来れば更なるパフォーマンス上昇が見込める。

《近走実績》4点

稍重以下【0-2-0-6】と苦手の道悪を除けば、OP~GⅢクラスで安定して掲示板クラスまで走れている。

2位(同率):スカーレットカラー

《配合》3点

ヴィクトワールピサ産駒は力馬っぽさが出過ぎるきらいがあるので、Mr. Prospectorクロスで柔らかさを補う配合が走る(重賞馬6頭中4頭該当)。

《舞台適性》5点

二代母父Distant Relative~Habitatの影響が強く、直線平坦コースは【1-2-0-2】。昨年同レースではタイム差無し2着。デビュー時から40㌔以上馬体を増やしマイラー然としてきたが、1800㍍までなら許容範囲。

《近走実績》4点

牝馬マイル路線では現役上位クラスの走りを見せている。前走ヴィクトリアマイルの大敗は不可解だが…。

結論 

 

現在『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ


最強競馬ブログランキングへ