快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

Fレビュー・金鯱賞について本気出して考えてみた2020

平素よりお世話になっております。

竹龍(@26kago)です。

 

今週の考察本編はコチラ☟

bamboodragon.hatenablog.com

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

買目

単勝:◎

馬連:◎〇▲-〇▲★△△△(15点)

印について

◎…血統がレースに適しており、実力もメンバー上位である。

〇…◎に次ぐ、若しくは最も実力がある。

▲…◎・〇に次ぐ実力がある。

★…血統がレースに適している。

△…すべての要素を総合的に鑑みて、連対の可能性がある。

Fレビュー

◎⑪ケープコッドとする。三代母Composureは米G1二勝。Tudor Minstrel(Gone West)、Storm Cat、Brushing Groomとダメジャーに相性の良い血を詰め込んだ良配合。洋芝2勝、暮れの荒れた中山でOP勝ちを上げた馬力型。ファンタジーで負けてこそいるが、前走を見る限り距離は伸びた方が差しやすそうだ。先行勢が揃い展開利も見込める。

 

実力上位評価は〇⑭アヌラーダプラ▲①カリオストロ。推したい穴馬は★⑦ヤマカツマーメイドヤマカツエースの半妹で4分の3同血。父がカナロアに替わり、短距離志向の強さとHis Majesty5×5の馬力をプラス。重賞でも掲示板は外しておらず、実績上位と言っていいだろう。

 

押さえに△⑨クーファイザナミ△⑩ヴァラークラウン△⑮マテンロウディーバ

 

f:id:kago26:20200315103955p:plain

金鯱賞

◎⑥サートゥルナーリアとする。母シーザリオは日米オークスを制した言わずと知れた名牝。キンカメ系×シーザリオ牝系はNureyev≒Sadler's Wellsのニアリークロスがスピードに振れる黄金配合。気性難の牝系で、敗れた東京の二戦は共に馬群で揉まれる展開。前走有馬記念でも一頭だけ輪乗りに加わらずテンションを抑え、外を回す競馬で実力を出し切り2着好走。無観客開催の現在の日本競馬界では間違いなく最強馬だ。左回り苦手説は走法を見る限り偶然と考えた方が良いだろう。このメンバー相手であれば、斤量58㌔や長欠明けは負けていい理由にはならない。

 

実力上位評価は〇②ラストドラフト▲⑩ロードマイウェイ。推したい穴馬は★⑦ギベオンGhostzapper(Relaunch)・Archと力馬らしい名前が母系に連なる『らしくないディープ』で、急坂中距離はベスト条件。近走は恵まれない競馬が続いており、巻き返しの余地はある。

 

押さえに△③ニシノデイジー△④ダイワキャグニー△⑤サトノガーネット

 

f:id:kago26:20200315105808p:plain

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ