快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2019東海S・AJCCを考える

平素よりお世話になっております。

竹龍(@BD_SunnyBrian)です。

 

先週は多少見所のあった土曜以外さっぱりという結果に。

平場も日月と不発が続き、またスランプになりそうな感もあります。

今週はどうにか的中させて気持ちを切り替えていきたいところです。

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

東海S

 コース:中京ダート1800㍍

 条件:4歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20190107231910p:plain

Kingmambo

 17年1着1人気 グレンツェント

 16年3着1人気 ロワジャルダン

 15年2着9人気 グランドシチー

 14年2着3人気 グランドシチー

 

【19年該当馬】

 グレンツェント・チュウワウィザード

フォーティナイナー

 18年1着1人気 テイエムジンソク

 17年3着10人気 メイショウウタゲ

 14年3着8人気 マイネルバイカ

 

【19年該当馬】

 なし

Chief's Crown

 18年3着6人気 モルトベーネ

 17年2着12人気 モルトベーネ

 16年1着4人気 アスカノロマン

 16年2着2人気 モンドクラッセ

 

【19年該当馬】

 アスカノロマンカゼノコモルトベーネ

過去ラップタイム

f:id:kago26:20190107232918p:plain

f:id:kago26:20190107232941p:plain

 

急激な加減速の無い平坦ラップ。上り坂途中からスタートし、上って下って上るというアップダウンの激しいコースであり、持続力と馬力が求められる。ダート戦らしく基本的には前有利。

注目馬

チュウワウィザード

キングカメハメハKingmambo保持。ファンシミン牝系(アドマイヤマックスソングオブウインドラインクラフト等)出身の良血。ルヴァンスレーヴのG1三連勝やアイアンテーラー交流重賞勝利など、ここ最近のダート界では最も活力のある牝系と言って良いだろう。母チュウワブロッサムはノーザンテースト3×4、4代母ダイナフェアリーはHyperion4×5×5。タフな中距離ダートを捲り切る持続力を継いでいる。

 

f:id:kago26:20190115054240p:plain

f:id:kago26:20190115054055p:plain

☝18年師走S(2人気2着)
モルトベーネ

ディープスカイChief's Crown内包。スピードの絶対値に欠けるディープスカイに母父アフリートのマイラー的スピードを入れることで、先行粘りこみ型に適した血統構成。一昨年は3連敗後2着・昨年も3連敗後3着と、とにかくレース相性が良い点にも注目。

 

f:id:kago26:20190115050325p:plain

結論

◎③チュウワウィザード

4角膨れやすいコースなので脚質的にも外枠なら評価を下げるつもりだったが、内の好枠。案外出走頭数も減ったので、展開による不利はそこまで意識しなくても良いだろう。素直に牝系の勢いを信じたい。

 

相手筆頭は断然人気だが〇④インティ。初重賞で過剰人気は否めないが、少なくともこの戦績はフロックではないだろう。勝ち切るかはともかく、このメンツなら着は外さないと見た。

 

以下、血統適性が高く好走実績もある▲⑧モルトベーネ△②アスカノロマン、血統面から△①グレンツェント△⑬カゼノコ、前目に付けられる△⑩コスモカナディアン△⑪マイネルバサラまで。人気から入るので穴に手広く流したい。

買目

 三連複◎-〇-▲△

AJCC

 コース:中山芝2200㍍(外)

 条件:4歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20190107223804p:plain

トニービン

 18年1着2人気 ダンビュライト

 18年2着1人気 ミッキースワロー

 15年3着2人気 エアソミュール

 14年1着2人気 ヴェルデグリーン

 14年3着6人気 フェイムゲーム

 

【19年該当馬】

 ダンビュライト

ディクタス

 18年3着8人気 マイネルミラノ

 17年3着3人気 ミライヘノツバサ

 16年3着7人気 ショウナンバッハ

 15年1着4人気 クリールカイザー

 14年3着6人気 フェイムゲーム

 

【19年該当馬】

 ショウナンバッハ・ステイインシアトル・マイネルミラノ・ミライヘノツバサ

ディープインパクト

 18年2着1人気 ミッキースワロー

 17年2着1人気 ゼーヴィント

 16年1着2人気 ディサイファ

 14年2着11人気 サクラアルディート

 

【19年該当馬】

 フィエールマン

Roberto系

 18年3着8人気 マイネルミラノ

 17年2着1人気 ゼーヴィント

 16年2着3人気 スーパームーン

 15年2着7人気 ミトラ

 

【19年該当馬】

 ジェネラーレウーノ・マイネルミラノ・メートルダール

過去ラップタイム

f:id:kago26:20190107224859p:plain

f:id:kago26:20190107224928p:plain


1角~2角中間(4F)から最後まで緩やかに加速する平坦ラップ。非根幹距離且つ特殊なラップ形態で、コース適性が最重要。過去10年で見ても4角6番手以内の馬が上位をほぼ独占しており、先行・捲りが出来る馬を狙いたい。

注目馬

ジェネラーレウーノ

スクリーンヒーローRoberto系保持。Ameriflora≒Danehill3×3(Danzig×His Majestyで3/4同血)で馬力に偏重した血統構成であり、中山でしか良績を残せていない点も納得できる。ラップ形態は異なるが、セントライト記念1着(中山芝2200㍍・G2)を評価。自ら超ハイペースを作ることが出来れば…。

 

f:id:kago26:20190115061145p:plain

f:id:kago26:20190115061219p:plain

☝18年セントライト記念(4人気1着)
ダンビュライト

ルーラーシップトニービン内包。キャサリーンパー牝系(マリアライトアロンダイト等)出身の良血。昨年1着・18年オールカマー3着(中山芝2200㍍・G2)とコース実績は申し分無い。3/4同血の半兄ラブラドライト(父キングカメハメハ)を考えれば前走からの距離延長はプラス。巻き返しに期待したい。以下18年オールカマー反省会より引用。

本命のダンビュライトは、(略)レース後コメントのルーラーシップの血が出てきたのかもしれません」というのが気になるところ。今後もスムーズに先行できないことが増えるのであれば、本来のパフォーマンスを発揮できず2,3着、というパターンに嵌ってしまうのかもしれませんね…。

 

f:id:kago26:20190115065623p:plain

f:id:kago26:20190115065044p:plain

☝18年オールカマー(2人気3着)

結論

◎①ジェネラーレウーノ

17-18シーズンPOG馬。最内を引いて勝つ為の御膳立てが整った。玉砕覚悟のハイラップ逃げに期待。

 

相手には、気性面でやや不安もコース適性最上位の〇⑤ダンビュライト、コース適性には疑問も三年連続連対のディープ系・素質最上位・鞍上ルメールでしれっと勝たれそうな▲④フィエールマン。人気3頭を上位に取るというクソつまらない予想ですが許してください…。

買目

 三連単BOX◎〇▲

反省会

東海S

着順

 1着 〇④インティ (1人気)

 2着 ◎③チュウワウィザード (2人気)

 3着 無⑤スマハマ (4人気)

ラップタイム

 13.0-11.2-12.7-12.3-12.3-12.4-12.4-11.6-11.9

血統所感

血統評価断然のチュウワウィザードは善戦も、それ以外はピリッとせず…。1,3着は共に母父アフリート系。一昨年・昨年と好走したモルトベーネも母父アフリートだったことを考えると、来年以降は注目する必要がありそうです。

ラップタイム所感

基本的には例年通りですが、ラスト1Fで11秒台を計測したのは驚きました。一度もハナを譲らなかったので全体ラップ=インティのラップになるのですが、最後多少抜いていたのにも関わらずこの時計を出すのか…。芝スタートのフェブラリーSはまだ何とも言えませんが、順調ならチャンピオンズCはまず間違いなく楽勝でしょう。

AJCC

着順

 1着 無⑧シャケトラ (7人気)

 2着 ▲④フィエールマン (1人気)

 3着 無⑩メートルダール (5人気)

ラップタイム

 12.5-11.5-12.7-12.6-12.9-12.8-12.4-11.7-11.8-10.9-11.9

血統所感

まずはこのツイートをご覧下さい。(筆者の別アカウント)

なんで買ってないんですかねぇ…。非根幹距離得意のマンカフェなのに。

 

そして今年もしれっと連対を果たしたディープインパクト系(2着)。この舞台だとしても連軸としては一番信頼できる血統です。3着にはロベルト保持。注目したいのは1着3着は母系Sadler's Wellsを持っている点。過去の好走馬では17年1着タンタアレグリア・16年2着スーパームーンが該当します。今回はラップタイムが例年と全く違うのでどこまで信用していいかは微妙ですが、血統特性を考えればこの条件で走ってもおかしくはないでしょう。注目血統に加えたいと思います。

ラップタイム所感

例年の傾向からは大きく離れたどスローからの直線上がり勝負。某騎手は菊の敗戦で何を学んだのでしょうか。これ以上の言及は控えます。