快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018ターコイズS/朝日杯FSを血統から考える

 平素よりお世話になっております。

先週は平場で当てた分をG1で回収される結果に。今年のプラスはかなり厳しそうです…

 

 ここ数週間は私用の為縮小営業でしたが、今週から反省会等改めて更新していこうと思います。先週以前の反省会も随時更新予定です。

 

 新企画も始めました(↓)。併せてご査収下さい。

bamboodragon.hatenablog.com

bamboodragon.hatenablog.com

ターコイズS

コース:中山芝1600㍍(外)

条件:3歳上/牝馬/ハンデ

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181203112548p:plain

キングマンボ系

16年2着⑥人気 レッツゴードンキ

15年2着⑯人気 ダンスアミーガ

14年1着⑨人気 ミナレット

13年1着②人気 レイカーラ

13年3着⑥人気 ミッドサマーフェア

ロベルト系

17年1着⑤人気 ミスパンテール

16年1着①人気 マジックタイム

16年3着③人気 カフェブリリアント

15年1着⑪人気 シングウィズジョイ

15年3着⑮人気 オツウ

13年3着⑥人気 ミッドサマーフェア

ニジンスキー

17年1着⑤人気 ミスパンテール

17年3着⑦人気 デンコウアンジュ

16年3着③人気 カフェブリリアント

14年3着⑥人気 メイショウスザンナ

13年1着②人気 レイカーラ

過去ラップタイム

f:id:kago26:20181203113511p:plain

 

f:id:kago26:20181203113547p:plain

 

【平均ペース】ミドル(±0.0)

 年によって平坦ラップと後傾ラップに二分される。今年のペースメーカー候補がカワキタエンカである事を考えれば、平坦ラップ濃厚。ハイペース適性のある差し馬とキレない先行馬を重視したい。

注目馬 兼 本命馬

⑩プリモシーン

 母父Fastnet Rock(Danehill×Royal Academy)ニジンスキー系内包。前半57.2の関屋記念1着(新潟芝1600㍍)上がり2位を評価。フェアリーS1着(中山芝1600㍍)で舞台適性も証明済。重賞勝ちの分ハンデはやや見込まれる(予想55㌔)が、同斤量の秋華賞(京都芝2000㍍)でアーモンドアイに次ぐ上がり2位を出したことを考えれば過度の心配は不要だろう。

朝日杯FS

コース:阪神芝1600㍍

条件:2歳

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181203115121p:plain

※13年以前は中山開催の為、除外。
ディープインパクト

17年1着①人気 ダノンプレミアム

16年1着⑥人気 サトノアレス

14年1着①人気 ダノンプラチナ

キングカメハメハ

17年2着③人気 ステルヴィオ

15年1着②人気 リオンディーズ

15年2着①人気 エアスピネル

Pサンデー系

16年2着⑦人気 モンドキャンノ

16年3着⑫人気 ボンセルヴィーソ

14年2着⑭人気 アルマワイオリ

過去ラップタイム

f:id:kago26:20181203115826p:plain

 

f:id:kago26:20181203115915p:plain

 

【平均ペース】ミドル(+0.3)

 3~4角中間(4~5F)がかなり緩く、4角から急加速する山型ラップ。連対馬は展開問わず上がり上位2頭で占められている点に注目。

注目馬

ケイデンスコール

 父ロードカナロアキングカメハメハ系保持稍重ながら上がり最速33.1を記録した新潟2歳S1着(新潟芝1600㍍)を評価。4ヶ月振り久々の実戦となるが、ノーザンF馬なので割り引く必要は無いだろう。

ファンタジスト

 父ロードカナロアキングカメハメハ系保持/母父ディープインパクト上がり2位33.2を記録した京王杯2歳S1着(東京芝1400㍍)を評価。短距離路線を使ってきたが折り合いの付くタイプであり、血統的にもマイルまでなら距離延長への不安は少ない。

本命馬

⑭ファンタジスト

 15頭立ての外目枠ということで、コース形態を考えれば好枠を引くことが出来た。前走京王杯組が3年連続で好走している点も後押し。鞍上のG1完全制覇王手に期待したい。

反省会

ターコイズS

着順

1着 ③ミスパンテール (⑤人気)

2着 ⑦リバティハイツ (⑩人気)

3着 ⑥デンコウアンジュ (⑬人気)

8着 ◎⑩プリモシーン (①人気)

ラップタイム

12.3-10.8-11.1-11.3-11.5-11.8-11.7-12.2

【ペース】ハイ(-1.7)

所感

 1着ミスパンテールは母父シンボリクリスエスロベルト系保持・母母父マルゼンスキーニジンスキー系内包、2着リバティハイツは父キングカメハメハキングマンボ系保持・母母父Suave Dancerニジンスキー系内包、3着デンコウアンジュは母父マリエンバードニジンスキー系保持。血統派は皆当たったんじゃないですかね?(すっとぼけ)荒れる傾向が強いレースだからこそ穴血統をより重視するべきでした。こういう勝負勘に欠けるところがキツいですね…

 

 ペース自体は前半57.0でカワキタエンカが飛ばす予想通りの展開。本命プリモシーンの敗因は直線で進路が塞がったことでしょう。秋華賞といい今回といい、本来の実力が着順に反映されない馬だな…と思ってしまいます。

 

 また、理由はなんにせよ55㌔のプリモシーンが飛んで54㌔のリバティハイツが来たことを考えると、3歳馬に関しては過去傾向通り軽ハンデ馬を重視したほうが良かったのかもしれません。

朝日杯FS

着順

1着 ⑥アドマイヤマーズ(②人気)

2着 ①クリノガウディ―(⑨人気)

3着 ②グランアレグリア(①人気)

4着 ◎⑭ファンタジスト(③人気)

ラップタイム

12.7-10.9-11.7-12.4-11.8-11.3-11.2-11.9

【ペース】スロー(+1.5)

所感

 1着アドマイヤマーズは父ダイワメジャーPサンデー保持。3着グランアレグリアは父ディープインパクト。10R同条件の元町Sでカナロア産駒のサンラモンバレーが飛んでた時点で嫌な予感はしていましたが、こういうのだけはよく当たるという…

 

 ラップタイムで注目したいのは5F目が11秒台である点。例年の平均と比較して0.6秒速く、レース自体のタフさが増したと考えられます。ロベルトノーザンテーストを持つ⑨人気クリノガウディ―(父スクリーンヒーロー)が2着に来たのもその辺りが原因ではないでしょうか。逆に本命ファンタジストは、適性距離ギリギリの上にこの展開とかなり厳しいレースを強いられたことが響いての4着だと思います。次走以降狙うとすればやはりマイル以下でしょう。

 

 断然の人気で敗戦したグランアレグリアについても少し。タフな流れ・明らかな過剰人気の中で3着に残した辺り、牝馬相手なら実力最上位と考えて良いでしょう。走破タイムではダノンファンタジーに負けていますが(ダノン1:34.1・グラン1:34.3)、もしこれで人気を落としてくれるのであれば、緩いラップに戻る桜花賞で妙味が出てくるのでは…?と期待しています。流石にそれまでのステップレースでバレるか。