快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯🎯🎯2018武蔵野S/デイリー杯2歳S/福島記念/エリザベス女王杯を血統から考える

平素よりお世話になっております。

アルゼンチン共和国杯の的中で3週連続重賞的中を達成しました。とはいえ、6つある内の1つを当てただけで確率としては酷いもの。やはり複勝を買う以上は『的中率を上げること』『ベタに買うこと』が大事だと痛感しました。

なにはともあれ、今週も記録を更新できるように頑張ります。

 

※私用で土曜の更新が難しい為、金曜に全レース本命馬を更新予定です。

武蔵野S

コース:東京ダート1600㍍

条件:3歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181029204649p:plain

ボールドルーラー

17年1着⑥人気 インカンテーション

17年2着⑧人気 サンライズソア

15年1着②人気 ノンコノユメ

14年1着⑦人気 ワイドバッハ

14年3着⑪人気 グレープブランデー

13年3着⑦人気 ベストウォーリア

ミスタープロスペクター

17年3着⑮人気 アキトクレッセント

16年1着⑧人気 タガノトネール

16年3着⑥人気 カフジテイク

15年1着②人気 ノンコノユメ

15年2着⑤人気 タガノトネール

13年1着①人気 ベルシャザール

13年2着③人気 アドマイヤロイヤル

注目馬

コース実績が重要。東京ダートのOPクラスで馬券内の経験があるとベター。

前走大敗からの巻き返しは少なく、前走掲示板内が望ましい。

インカンテーション

シニスターミニスターボールドルーラー系保持。昨年の本レース1着を含め、フェブラリーS(18年3着/15年2着)など、高いコース適性を持つ。前走プロキオンS2着で傾向と合致。8歳と高齢だが、寧ろここに来て本格化したかのような状態の良さを見せている。

ウェスタールンド

母母父Medaille d'Orボールドルーラー系内包前走シリウスS2着で傾向と合致。ダート転向後2-1-0-0と覚醒。前走もイン突きの成功が大きいとは言え、決して展開に恵まれた訳ではなく、地力の高さを証明した。初の東京ダート父サンデー系の不調が気掛かりだが…

メイショウウタゲ

プリサイスエンドミスタープロスペクター。中でも近年活躍の目立つ米国型/フォーティナイナーである点は強調材料。前走南部杯3着で傾向と合致。17年ブラジルC1着/アハルテケS1着でコース実績も充分。ムラがあるタイプなので本命には推しづらいところではある。

本命馬

インカンテーション(シニスターミニスター×Machiavellian)

芝コースを長く走れる大外枠を引くことが出来た。G1では上位馬に見劣るが、このクラスでの安定感を素直に信用したい。

デイリー杯2歳S

コース:京都芝1600㍍(外)

条件:2歳

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181029205615p:plain

ディープインパクト

17年2着④人気 カツジ

17年3着③人気 ケイアイノーテック

16年3着④人気 サングレーザー

13年2着①人気 アトム

グレイソヴリン系

17年2着④人気 カツジ

16年2着⑧人気 ボンセルヴィーソ

15年3着⑦人気 ノーブルマー

14年1着⑤人気 タガノエスプレッソ

14年3着①人気 ナヴィオ

13年3着④人気 ピークトラム

ノーザンテースト

16年2着⑧人気 ボンセルヴィーソ

15年1着②人気 エアスピネル

14年2着②人気 アッシュゴールド

14年3着①人気 ナヴィオ

注目馬

距離延長組は不調。前走1600~1800㍍が狙い目。

当然前走上がり3位以内が望ましい。

アドマイヤマーズ

ダイワメジャー(サンデーサイレンス×ノーザンテースト)でノーザンテースト系内包。母ヴィアメディチは仏G3馬。前走中京2歳S(1600㍍)上がり最速で勝利しており、実力に疑いはない。あとは状態がどうか。

ヤマニンマヒア

ディープインパクト。半兄に中央5勝のヤマニンボワラクテなど、母系のスケールは充分。新馬戦では上記アドマイヤマーズの3着。前走紫菊賞(2000㍍)では2か月振り+12㌔が響きシンガリ負けしたが、一叩きした上積みを考えればまだ見限れない。

本命馬

③アドマイヤマーズ(ダイワメジャー×Medicean)

血統、脚質、臨戦過程、枠、全ての要素に於いて特に不安なし。大きく崩れることは考えにくい。

福島記念

コース:福島芝2000㍍

条件:3歳上/ハンデ

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181029211135p:plain

ボールドルーラー

17年2着③人気 スズカデヴィアス

16年1着⑦人気 マルターズアポジー

15年2着①人気 ミトラ

14年1着⑥人気 ミトラ

14年2着⑬人気 フラアンジェリコ

13年2着②人気 マイネルラクリマ

ノーザンテースト系 

17年3着⑩人気 ヒストリカル

15年2着①人気 ミトラ

15年3着④人気 ファントムライト

14年1着⑥人気 ミトラ

14年2着⑬人気 フラアンジェリコ

13年1着③人気 ダイワファルコン

注目馬

過去5年1,2枠の複勝率は40%。ローカル場らしく内枠の先行馬が優勢。

エアアンセム

シンボリクリスエス(Kris S.×Gold Meridian)/母母父ノーザンテーストボールドルーラー/ノーザンテースト系内包。母母は名牝エアデジャヴー。前々走函館記念で重賞制覇すると、前走オールカマーでもG1馬相手に4着と健闘。新馬戦を除く4勝全て小回りコースであり、初の福島コースでも不安無い。

サトノノブレス

母母父Always Run Luckyボールドルーラー系保持。ディープ産駒ではあるが母トニービン系/母母ボールドルーラー系の影響が大きく出ており、中央場での瞬発力勝負ではキレ負けするが小回りローカル場での持続力勝負は得意とするところ。流石に衰えは隠せないが、このメンツなら一発あっても。

本命馬

①エアアンセム(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

ロス無く立ち回れる最内を引くことが出来た。ハンデ57㌔も妥当なところ。

エリザベス女王杯

コース:京都芝2200㍍(外)

条件:3歳上/牝馬

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181029212545p:plain

ディープインパクト

17年3着③人気 ミッキークイーン

16年3着①人気 ミッキークイーン

15年1着⑥人気 マリアライト

15年3着④人気 タッチングスピーチ

14年1着③人気 ラキシス

13年2着⑥人気 ラキシス

キングマンボ系 

17年1着⑤人気 モズカッチャン

15年1着⑥人気 マリアライト

14年3着⑥人気 ディアデラマドレ

13年1着②人気 メイショウマンボ

13年3着⑤人気 アロマティコ

ダンチヒ

17年1着⑤人気 モズカッチャン

16年1着③人気 クイーンズリング

15年2着①人気 ヌーヴォレコルト

14年2着①人気 ヌーヴォレコルト

注目馬

基本的には4歳以下が中心。キャリア15戦以下の信頼度が高い。

カンタービレ

ディープインパクト。15年1着マリアライト(母父エルコンドルパサーKingmambo×Sadler's Wells)/15年3着タッチングスピーチ(母父Sadler's Wells)/11年1着スノーフェアリー(母父Charnwood Forestがウォーニング×Sadler's Wells)など、母系サドラー系保持/内包馬の好走も目立つ。キャリア7戦で傾向と合致。前走秋華賞からのローテも悪くない。ここでの乗り替わりがどう出るか。

モズカッチャン

ハービンジャー/母父キングカメハメハダンチヒ/キングマンボ系保持キャリア12戦で傾向に合致。昨年1着で適性は証明済。前走札幌記念では4角最後方から馬群を割って上がり最速の3着。海外帰りを一叩きして更なる上積みに期待できる。想定していた府中牝馬Sを熱発で回避したが、そこまで心配しなくても良いだろう。

本命馬

⑦モズカッチャン(ハービンジャー×キングカメハメハ)

札幌記念に続いて今年2度目の本命。メンバー中唯一のキングマン持ちであり血統適性は随一。(購入するのは複勝だが)当然連覇まであると考える。

反省会

武蔵野S

◎⑯インカンテーション ④人気/6着

1着サンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)/3着ナムラミラクル(父スパイキュール)は過去傾向に反する父サンデー系。2着クインズサターンは父パイロボールドルーラー系保持。今回のボールドルーラー系保持馬は3頭(明らかに実績不足のストロングバローズを除けば実質2頭)なので、この択を間違えたのは辛いですね…

 

本命インカンテーションは好スタートを切るも、内に入れず終始中団外々を回される展開に。直線で切れる脚は無いので、この位置では流石に届きません。次走は一叩きしての良化に期待したいところです。

🎯デイリー杯2歳S

◎③アドマイヤマーズ ①人気/1着

1着アドマイヤマーズ/2着メイショウショウブは父ダイワメジャー(サンデーサイレンス×ノーザンテースト)でノーザンテースト系内包。3着ハッピーアワーは母父ディープインパクト。ディープ保持馬は他にも多数いたことを考えると、最重要血統はノーザンテーストであると考えて良さそうです。

 

本命アドマイヤマーズは好スタートから逃げる展開に。4角時点でメイショウショウブとの追い比べになるも、きっちり交わして見事勝利。無傷の3連勝になりました。血統的にクラシックでは手を出しづらいですが、朝日杯なら充分勝負になるはずです。個人的にはNHKマイルで期待の一頭と見ています。

🎯福島記念

◎①エアアンセム ①人気/3着

1着スティッフェリオは父ステイゴールド(サンデーサイレンス×ディクタス×ノーザンテースト)でノーザンテースト系内包。3着エアアンセムは父シンボリクリスエス(Kris S.×Gold Meridian)/母母父ノーザンテーストボールドルーラー/ノーザンテースト系内包。昨年1着のウインブライト(父ステイゴールド)がいることも考えると、ステゴ産駒はノーザンテーストの影響力を強く持つ馬として今後は候補に入れる方が賢明でしょう。

 

本命エアアンセムは終始最内をキープする絶好の展開。ハンデ差もあり、最後は前の2頭に届きませんでしたが、順当に力は発揮できたと思います。ローカル場に於いては安心して軸に出来る馬であるという評価をしておきます。

🎯エリザベス女王杯

◎⑦モズカッチャン ①人気/3着

好走血統に当てはまったのは3着モズカッチャンのみ。そのモズカッチャンは昨年1着、クロコスミアは昨年に続き2着と好走。特殊な条件であるだけに、リピーターが多いという特徴は今後意識しておく必要がありそうです。

 

本命モズカッチャンは久し振りの差のないスタート。好位内目で脚を溜め、直線突き抜ける…かと思えばそこまで伸びず、離された3着に。結果的に間隔が開いてしまったことの影響は大きかったようです。因みに想定では次走有馬記念となっていますが、流石にどうなんでしょう…