快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯2018アルテミスS/スワンS/天皇賞(秋)を血統から考える

平素よりお世話になっております。

先週土曜はエアグルーヴ牝系のPOG馬2頭が新馬勝ち、日曜は京都現地で怒涛の8連的中、そして両日とも重賞本命3着確保と良い週末を過ごすことが出来ました。

2週連続的中目指して今週も頑張ります。

bamboodragon.hatenablog.com

↑先週の予想はこちら。

アルテミスS

コース:東京芝1600㍍

条件:2歳/牝馬

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181015210851p:plain

ステイゴールド

17年1着②人気 ラッキーライラック

16年3着⑤人気 シグルーン

15年3着⑥人気 クロコスミア

14年1着⑨人気 ココロノアイ

 

通常コルトサイアー且つ晩成傾向が強いとされる血統が4年連続好走馬を出しているのは興味深い。

ボールドルーラー

17年1着②人気 ラッキーライラック

17年2着⑬人気 サヤカチャン

15年3着⑥人気 クロコスミア

13年1着②人気 マーブルカテドラル

 

2歳戦向きの早熟血統。

注目馬

距離延長は決まりにくく、前走1600㍍以上が望ましい。当然上がり3位以内が前提条件。

ミディオーサ

母父Pulpitボールドルーラー保持。母ミスエーニョは2歳で米G1,G3を勝利、半姉ミスエルテ新馬ファンタジーSを連勝と、この時点での完成度の高さに期待が持てる牝系。父ディープインパクトも2年連続で馬券に絡んでおり、相性の高さが窺える。

ミリオンドリームズ

母父A.P.Indyボールドルーラー保持。父Frankel母母父Sunday Silenceで日本芝適性は申し分ない。Frankel産駒は早熟…というよりも一度崩れたら立て直せない馬が多く、ある意味では「負けるまでは買い続ける」という馬券作戦はアリかもしれない。

本命馬

◎⑤ミディオーサ(ディープインパクト×Pulpit)

想定段階から此方を上に取っていたが、ミリオンドリームズ回避で必然的に本命に。枠・鞍上・天候全て、特に不安な点は無い。

スワンS

コース:京都芝1400㍍(外)

条件:3歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181015212755p:plain

ディープインパクト

17年1着②人気 サングレーザー

16年1着②人気 サトノアラジン

16年2着⑧人気 サトノルパン

15年2着①人気 フィエロ

14年1着①人気 ミッキーアイル

14年3着②人気 フィエロ

SS系×大系統ノーザンダンサー

17年1着②人気 サングレーザー

16年1着②人気 サトノアラジン

16年2着⑧人気 サトノルパン

15年2着①人気 フィエロ

15年3着④人気 オメガヴェンデッタ

14年1着①人気 ミッキーアイル

14年2着④人気 サンライズメジャー

14年3着②人気 フィエロ

13年2着④人気 ダイワマッジョーレ

13年3着⑩人気 サダムパテック

 

上述のディープ産駒も全てこの条件に合致する。

注目馬

速い上がりよりも先行力が求められる。

ロードクエスト

マツリダゴッホ×チーフベアハートSS系×ND系。以前の追い込み一辺倒の競馬から、短距離を使って先行力を身に付けてきた。近2走は馬券内に一歩足りない結果が続いているが、今回の手薄なメンバーなら。乗り替わりも魅力。

本命馬

◎⑧ロードクエスト(マツリダゴッホ×チーフベアハート)

京成杯AHに続いて今年3度目の本命。正直押し出される形での本命ではあるが、他に血統条件を満たす妙味のある馬も見当たらない。断然の1番人気であろうモズも勝ち切れない馬であり、付け入る隙は充分ある。2年振りの勝利に期待したい。

天皇賞(秋)

コース:東京芝2000㍍

条件:3歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181015214224p:plain

ディープインパクト

16年2着⑦人気 リアルスティール

16年3着⑥人気 ステファノス

15年2着⑩人気 ステファノス

14年1着⑤人気 スピルバーグ

14年2着②人気 ジェンティルドンナ

13年2着①人気 ジェンティルドンナ

 

東京根幹距離ではやはり強い。昨年の極悪馬場を度外視すれば毎年連対馬を輩出している。

はっきりと傾向として出ているのはこの血統だけ。

注目馬

1番人気の信頼度は高いが本命同士の決着は少なく、意外と複勝オッズも高めを期待できる。

キセキ

母父ディープインパクト菊花賞のイメージから長めの距離を使われてきたが、2000㍍の条件戦を2連勝していることからも本来の適性はこの距離である可能性がある。前走毎日王冠(1800㍍/3着)からの1ハロン延長は問題ないだろう。血統的にも実績的にも道悪は得意。鞍上の継続騎乗もプラス。

サングレーザー

ディープインパクト前走札幌記念1着で中距離で結果を出せたことが大きい。とはいえ前走は上がり3位を外していることからも本来の適性距離ではないと考えるのが自然。17年スワンS1着(重)など元々道悪を苦にしないタイプなので、雨が降って距離適性の差を馬場適性でカバー出来れば。

マカヒキ

ディープインパクト。フランス遠征以降勝てない時期が続いているが、毎回掲示板確保レベルの善戦は出来ている。前走札幌記念ではタイム差無しの2着であり、復調の兆しが見えた。ダービーを制した東京コースに替わって条件も上向くだろう。

本命馬

◎⑥マカヒキ(ディープインパクト×フレンチデピュティ)

平成最後の天皇賞(秋)『平成の盾男』を買わずして誰を買うのか。

反省会

アルテミスS

◎⑤ミディオーサ 8着/③人気

今回取り上げた好走血統該当馬は全て着外。まぁ1頭しかいなかったので何とも言えないところではありますが。1着シェーングランツはディープインパクト産駒。常日頃から『東京マイルは人気薄ディープを買え』と言っておきながら実践せずに外しているのは問題ですね…来年以降は覚えておきましょう。2着ビーチサンバはクロフネ産駒(デピュティミニスター系)、3着エールヴォアは母父ワイルドラッシュ(ニアークティック系)。米国型ノーザンダンサー(ワイルドラッシュは厳密に言えば違うが…)にも注意を払うべきだった、というか米国型全般を狙うべきだったのかもしれません。かといってレンジを広げすぎても予想にブレが生じますし、上手く落としどころを見つけるのは難しいですね。

 

本命のミディオーサは、やや出負けして終始馬群の中。先行力も末脚も活かせず、全く見所がありませんでした。血統的に素質が無いわけではないと思いますが、成長力がありそうかと言われれば疑問がつくのもまた事実。今後買うことは無さそうかな…

スワンS

◎⑧ロードクエスト 1着/②人気

本命のロードクエストは、無理に先行させることなく脚を溜め、最後方から上がり最速で前を行くモズアスコットをハナ差捕らえ勝利。結局昔の後方ぶっこ抜きの競馬が一番合っていたということでしょうか。思っていた展開とは真逆のものとなりましたが、やはりミルコの勝負勘は凄いなという感想を持ちました。好走血統該当馬の他2頭(コウエイタケル5着/サフランハート10着)はもう少し頑張ってくれても…という思いもありますが、重賞入着クラスの実力は無いので仕方ないでしょう。

 

次走の注目馬は2着モズアスコット。戦前にも触れましたが、詰めの甘さはいつも通り、といった感じでしたね…。今回は斤量の影響もあったとは思いますが。良くも悪くも相手なりな馬ですし、マイルCSでも連軸としては最適だと思いますが頭で買うのはお勧めできない、という評価をしておきます。要するに本命にする可能性が結構高いです

天皇賞(秋)

◎⑥マカヒキ 7着/③人気

【ラップ】12.9-11.5-11.8-11.5-11.7-11.6-11.3-10.9-11.6-12.0

 

2着サングレーザーはディープインパクト産駒。3着キセキは母父ディープインパクト。『人気薄のディープを狙え』にここでも泣かされる結果となりました。前後半差+2.0と結果的にスローペースになっていますが、前半59.4、11秒台の並ぶラップタイム、1.56.8での決着は、例年と比較するとかなり流れた展開です。こうなるとキングカメハメハの血を持つレイデオロ/キセキ/ミッキーロケットと、ディープにしては持続力勝負に長けたタイプのサングレーザー/アルアイン掲示板が埋まったのも納得できます。

 

本命のマカヒキは上がり3位で追い込むも、前との差を詰められず大敗。高速決着では流石に厳しいといった印象です。馬体重大幅減も調整失敗だったのでしょうか…次走JCでは、展開に注文のつくタイプであることも踏まえて吟味したいと思います。