快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯2018サウジアラビアRC/毎日王冠/京都大賞典を血統から考える

平素よりお世話になっております。

苦手な阪神中山開催が終了し、遂に京都東京開催に。

しっかり当てて夏の負けを減らしていきたいところです。

最終日の月曜は京都で現地観戦するかも…?

サウジアラビアRC

コース:東京芝1600㍍

条件:2歳

過去好走馬血統表

いちょうS時代含め1600㍍開催の14年から対象。

f:id:kago26:20180928205723p:plain

大系統ミスタープロスペクター

17年2着①人気 ステルヴィオ

17年3着⑥人気 カーボナード

16年1着③人気 ブレスジャーニー

16年2着②人気 ダンビュライト

15年3着②人気 アストラエンブレム

 

特にミスプロは出走頭数も少なく狙い目。

ロベルト系

17年1着②人気 ダノンプレミアム

16年1着③人気 ブレスジャーニー

15年1着④人気 ブレイブスマッシュ

14年2着②人気 ネオルミエール

 

人気馬が中心とはいえ3連覇は立派。

トニービン

16年2着②人気 ダンビュライト

16年3着①人気 クライムメジャー

15年1着④人気 ブレイブスマッシュ

 

東京適性の高い血統。

注目馬

2歳重賞ということで、前走速い上がりを使った馬を狙いたいところ。特に直線の長いコースでの実績が欲しい。

参考:netkeiba想定オッズ(10/03 19:00時点)

ドラウプニル ②人気/4.1倍

ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)で大系統ミスプロ保持トニービン内包。母母に言わずと知れた名牝ウインドインハーヘアを持つ。アスター賞では2着に敗れたが、勝ち馬グレイシアは相当強かった。3着に2馬身半差つけていることを考えれば、ある程度実力はあると見て良いだろう。新馬戦を勝った左回りに戻るのもプラスか。

アマーティ ④人気/12.8倍

ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)で大系統ミスプロ保持トニービン内包。母アマファソンはフローラSを上がり最速で4着。近親に阪神大賞典2着・アルゼンチン共和国杯3着のヒカルカザブエなど、母系のスケール感は充分。新潟の時計が出る馬場とはいえ、新馬戦の上がり33.3は立派。

本命馬

◎②アマーティ

やはり速い上がりを使える方を、ということで此方を選択。関東馬で長距離輸送の無い分、状態面での不安が少ないのもプラス。想定以上に人気に差がありそうでオッズ妙味も見込める。

毎日王冠

コース:東京芝1800㍍

条件:3歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20180928210540p:plain

ディープインパクト

17年1着③人気 リアルスティール

17年2着⑤人気 サトノアラジン

17年3着④人気 グレーターロンドン

16年2着③人気 アンビシャス

16年3着⑪人気 ヒストリカル

15年1着①人気 エイシンヒカリ

15年2着④人気 ディサイファ

14年3着⑤人気 スピルバーグ

 

昨年馬券内独占近3年上位9頭中7頭がディープ産駒という、正に無双状態。

グレイソヴリン系

15年1着①人気 エイシンヒカリ

15年3着⑦人気 イスラボニータ

14年1着⑧人気 エアソミュール

14年2着⑪人気 サンレイレーザー

13年2着⑥人気 ジャスタウェイ

 

近2年は出走頭数の少なさから活躍が見られないが、穴を狙うならこの血統。

注目馬

脚質不問だが、直線の長い東京なだけに近走上がり上位馬が優勢。

参考:netkeiba想定オッズ(10/03 19:00時点)

サトノアーサー ②人気/3.7倍

ディープインパクトで血統条件を満たす。安定して上位の上がりを使える点からはレース適性の高さが窺える。不安視されていた道悪も前走エプソムCでこなしており、現状死角らしい死角は無いように思える。休み明けの分、どの程度仕上がっているかに注目したい。

ケイアイノーテック ④人気/6.1倍

ディープインパクトで血統条件を満たす。デビュー以来一度も上がり3位以内を外したことが無く、レース適性が非常に高い。同厩舎所属のカレンブラックヒルが、同ローテ(ニュージーランドTNHKマイルC)から本レースを制しており、ノウハウはあるのだろう。母ケイアイガーベラはダート短距離で活躍した馬であり、自身もマイルしか経験していないことを考えると、1ハロン距離延長はやや不安

本命馬

◎④サトノアーサー

不安材料の少ない分、此方を選択。枠も内目の偶数枠で文句なし。勝ち切れるかは微妙だが、少なくとも着は外さないだろう…

京都大賞典

コース:京都芝2400㍍(外)

条件:3歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20180928213902p:plain

グレイソヴリン系

17年3着①人気 シュヴァルグラン

16年2着⑥人気 アドマイヤデウス

16年3着②人気 ラブリーデイ

15年1着①人気 ラブリーデイ

15年3着⑤人気 カレンミロティック

13年1着⑪人気 ヒットザターゲット

 

長距離適性の高い血統。

ディープインパクト

17年1着④人気 スマートレイアー

14年1着③人気 ラストインパクト

14年3着①人気 トーセンラー

13年3着②人気 トーセンラー

 

クラシックディスタンスではやはり見逃せない。

注目馬

G1大敗からの巻き返しが目立つように、既に実績を持つ馬を評価したい。臨戦過程は前走G2以上がベター。

参考:netkeiba想定オッズ(10/03 19:00時点)

シュヴァルグラン ①人気/2.2倍

ハーツクライ(サンデーサイレンス×トニービン)でグレイソヴリン内包昨年3着でレース適性・コース適性は証明済。叩き良化型の初戦である点は気になるが、今回の手薄なメンバー構成を見る限り連軸としては堅いだろう。寧ろ昨年と違い宝塚記念を使っていないことはプラスになるかもしれない。

パフォーマプロミス ③人気/5.1倍

母父タニノギムレット(ブライアンズタイム×クリスタルパレス)でグレイソヴリン内包同舞台日経新春杯1着でコース適性は証明済。前走宝塚記念大敗は過去傾向的には狙い目。乗り替わりもプラスだろう。頭数も少ないので、前走とは違いスムーズに先行出来るはず。

ウインテンダネス ⑦人気/18.1倍

カンパニーグレイソヴリン保持。重賞初挑戦の目黒記念を人気薄で勝利と、実績的にはやや心もとない。ただ、2着ノーブルマーズが宝塚記念3着激走していることを考えれば、現役上位層と比較しても能力自体にそこまでの差は無いのだろう。底が見えていない分の期待は大きい。乗り替わりはマイナス

本命馬

◎⑨スマートレイアー

ディープインパクトで血統条件を満たす。昨年優勝馬でコース適性・レース適性は言わずもがな。G1大敗が続くが毎回1秒差程度には抑えており、このメンバーなら現状でも実力上位だろう。日曜好調の鞍上で昨年の再現に期待したい。

反省会

サウジアラビアRC

◎②アマーティ 3着/④人気

 

2着ドゴールは母父ブラックタイアフェアー大系統ミスプロ内包。3着アマーティは父ルーラーシップ大系統ミスプロ保持トニービン内包。これで5年分のデータが揃いましたが、やはりこのレースに於いて最優先するべき血統は大系統ミスタープロスペクターであると考えられます。

 

本命のアマーティは、終始マイペースに立ち回り、直線で2着馬に抜かれたもののそのまま雪崩れ込むように3着確保。思っていた展開とは違いますが、まだ1戦しかしていない馬達のレースですしこんなものでしょう。複勝1.9倍も思ったよりついてくれて何よりです。

 

1着グランアレグリアについて。出遅れから掛かり気味に2番手に進出。直線で抜け出すとそのまま後続をぶっちぎり3馬身半差の楽勝。このメンバーではモノが違うといった感じでしょうか。ただ、パドックでもイレ込んでいたりと気性面にはかなり課題がありそうです。現状は少頭数か、新馬戦時のように外枠を引かないと安心しては買えないな…というのが個人的な意見です。そこが解消された時、どれほどの結果を出してくるのか楽しみですね。

毎日王冠

◎サトノアーサー 6着/②人気

 

3着キセキは父ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)でグレイソヴリン内包、母父ディープインパクト。また、母母ロンドンブリッジは昨年3着のグレーターロンドンの母であり、血統派を名乗るのであればこれを買うべきだった…と反省しています。

 

全体の血統傾向について。ディープ産駒が4,5,6着という結果に。上記のようにキセキはディープを保持しているものの、やはり以前ほどの信頼はおけないな…という感想を持ちました。単純に東京1800での勝率(過去5年)も、キンカメ15.5%に対してディープ10.8%と最近は差を付けられています。今後は脳死でディープを買うのでは無く、慎重に取り扱っていく必要がありそうです。

 

本命のサトノアーサーはやや出負けから終始馬群の中での競馬。直線でも前に出せず、最後はジワジワ伸びるも見せ場無しの6着。展開が向かなかったのは否めませんが、にしてももう少し格好はつけてくれと思ってしまいます。

京都大賞典

スマートレイアー 8着/⑥人気

 

1着サトノダイヤモンドディープインパクト産駒、3着アルバートは父アドマイヤドン(ティンバーカントリー×トニービン)でグレイソヴリン内包。血統予想はある程度機能した、といったところでしょうか。

 

サトノダイヤモンドは17年阪神大賞典以来一年半振りの勝利。このメンツ相手の優勝は決して威張れたものではありませんが、精神面でのダメージが大きかったのだと考えれば今回は大きな一勝となるでしょう。次走JCでの走りに注目したいところです。まぁ過剰人気になるので僕は買いませんがアルバートは以前から『適距離のレースが日本には無い』と言って常に軽視してきましたが、流石にこのメンツでは実力上位だったのでしょう。

 

驚いたのは2着レッドジェノヴァと4着シュヴァルグラン。レッドジェノヴァは血統的にも実績的にも完全に小回り専用機だと思っていたらこの結果に。母母マンハッタンフィズ(マンハッタンカフェ全妹)の京都適性の血が出たのでしょうか。次走はエリザベス女王杯を想定していますが、2200の持続力勝負の方が適正はありそうですし、警戒が必要な一頭かと思います。対照的にシュヴァルグランは直線伸びを欠き馬券外に。休養明け初戦は走らない馬とは言え、流石にこの結果は酷い。6歳で衰えが見え始めているのも事実です。今期での引退が明言されていますし、JCも叩き仕上げで敗戦し更に人気を落とし、有馬でメイチ仕上げの逆襲…といった筋書きを考えてみましたがどうでしょうか。

 

本命のスマートレイアーは、2角まで中団で脚を溜めるも、向こう正面で何故か進出開始。その結果、直線では持ち味の末脚を発揮できず見せ場無しの大敗。なにやってんだ浜中。ウインテンダネスの逃げにも通じることですが、やはり長丁場では鞍上の腕が最重要だと改めて思い知った開幕週の京都競馬場でした。