快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯2018シリウスS/スプリンターズSを血統から考える

平素よりお世話になっております。

 

単複派を謳い本命馬3着で馬券を外している辺りから、間の悪さを感じる今日この頃。

詳しくは↓

bamboodragon.hatenablog.com

いよいよ今週から秋のG1が始まります。

初戦を取って今後に弾みをつけたいところです。

シリウス

コース:阪神ダート2000㍍

条件:3歳上・ハンデ

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20180919145628p:plain

サンデーサイレンス

17年1着⑪人気 メイショウスミトモ

17年3着③人気 ピオネロ

16年2着②人気 ピオネロ

15年1着③人気 アウォーディー

15年3着②人気 ナムラビクター

14年1着①人気 クリノスターオー

14年2着③人気 ナムラビクター

14年3着⑦人気 トウシンイーグル

 

中長距離向きの馬力血統。

ダート重賞にしては珍しく好走が目立つ。ヘヴンリーロマンス(天皇賞秋制覇)含め、現役時代に中長距離で活躍したTサンデー・Dサンデーを狙いたい。

キングカメハメハ

17年2着⑤人気 ドラゴンバローズ

15年2着①人気 ダノンリバティ

13年2着③人気 ナイスミーチュー

13年3着⑥人気 グランドシチー

 

中長距離向きの馬力血統。

上記4頭とも芝でデビューしていたように、芝適性を兼ね備えた血統が結果を出している。

血統注目馬

参考:netkeiba想定オッズ(09/26 19:00時点)

グレイトパール ①人気/2.2倍

キングカメハメハで血統条件を満たす。芝の新馬戦を勝利しているように、今回のテーマ『芝適性』を満たす。同舞台(17年仁川S)勝利実績があり、コース適性は証明済。前走はいつものように捲るも、同時に動いたミツバに外から蓋をされ、直線の伸びを欠く結果に。馬群の中で砂を被ると駄目という明確な弱点が見つかった以上、断然の人気に推される程の信頼は置けない。

ラインルーフ ⑨人気/31.5倍

母父スペシャルウィークTサンデー保持阪神コース3戦3勝。OPクラスでも安定した成績を残しており、特に前走名鉄杯は、離された2番手からラスト2ハロンで先頭を捕らえ後続を突き放す8馬身差の圧勝。芝を使った効果が出たと考えれば、今回のテーマにも合致する。

ウェスタールンド ⑩人気/45.6倍

ネオユニヴァースDサンデー保持芝で1600万条件まで勝ち上がり、頭打ちになってダートを試したところ2連勝でOP入り。その2戦とも3~4角から捲る競馬を見せており、グレイトパールを潰すならこの馬だと踏んでいる。長い直線に対応できるか、そもそも抽選を突破できるかが鍵となる。

本命馬

◎⑯ウェスタールンド

メイショウウタゲの回避で出走可能に。全姉ミクロコスモスは阪神JF3着、その産駒にダービー3着のコズミックフォースなど血統からも芝適性は見られる。脚質やコース形態を考えれば大外枠でも大きな不利ではないだろう。人気も程々に落ち着きそうで妙味充分。ダート界新星の誕生に期待したい。

スプリンターズS

コース:中山芝1200㍍(外)

条件:3歳上

過去好走馬血統表

なお14年は新潟開催の為、除外。

f:id:kago26:20180919152618p:plain

大系統ミスタープロスペクター

17年1着①人気 レッドファルクス

17年2着⑤人気 レッツゴードンキ

17年3着⑦人気 ワンスインナムーン

16年1着③人気 レッドファルクス

13年1着①人気 ロードカナロア

13年2着②人気 ハクサンムーン

13年3着⑮人気 マヤノリュウジン

12年1着②人気 ロードカナロア

12年3着⑨人気 ドリームバレンチノ

 

短距離向きの持続力血統。

近年は特にフォーティナイナーキングカメハメハが中心。

サンデーサイレンス

17年1着①人気 レッドファルクス

17年2着⑤人気 レッツゴードンキ

16年1着③人気 レッドファルクス

16年2着②人気 ミッキーアイル

16年3着⑨人気 ソルヴェイグ

15年1着①人気 ストレイトガール

15年2着⑪人気 サクラゴスペル

15年3着⑨人気 ウキヨノカゼ

 

瞬発力に優れた血統。

14年の馬場改修以降、好走馬9頭中8頭がサンデー保持という結果に。

ニジンスキー

16年3着⑨人気 ソルヴェイグ

15年2着⑪人気 サクラゴスペル

15年3着⑨人気 ウキヨノカゼ

12年2着①人気 カレンチャン

 

母系に入って持続力を伝える血統

此方も馬場改修以降台頭。大穴を狙うならここから。

血統注目馬

参考:netkeiba想定オッズ(09/26 19:00時点)

レッツゴードンキ ③人気/7.5倍

キングカメハメハ、母父マーベラスサンデー(サンデーサイレンス×ヴァイスリーガル)で2つの血統条件を満たす。昨年2着でコース適性・レース適性は証明済。短距離G1で3連続2着と、力は示しているものの毎回あと一歩足りない。イン突きが成功するかによって結果が左右される為、内枠が欲しいところ。

ムーンクエイク ⑥人気/14.5倍

アドマイヤムーン(エンドスウィープ×サンデーサイレンス)でフォーティナイナー保持サンデーサイレンス内包。前走初の1200㍍となったキーンランドCでは上がり最速も脚を余して大敗。ただ、前が止まらない馬場であったことや、1200㍍の速い流れを経験出来たことを考えると、今回パフォーマンスを上げる可能性は大いにある。また『G1人気薄のルメールというのはやはり怖い。

ダイメイプリンセス ⑩人気/36.7倍

母父ダンスインザダーク(サンデーサイレンス×Nijinsky)で2つの血統条件を満たす。アイビスSDの快勝からは、千直では現役だと頭ひとつ抜けている印象を受ける。北九州記念でもコンマ2秒差の2着と充実度の高さを見せている。進路取りの差を考えれば1着馬との逆転は充分可能だろう。既にサマースプリント3戦を消化している点から上積みは見込めないが、穴でこそのニジンスキー。人気の盲点になるなら狙う手も…

前日傾向

土曜9R カンナS(1200㍍)

1着②人気 ルーラーシップ×スペシャルウィーク

2着①人気 マツリダゴッホ×Henry the Navigator

3着③人気 ダンカーク×バブルガムフェロー

 

人気3頭での決着ではあるが、3頭全てがサンデー系とミスプロ系の配合である点に注目。特に1,2着キングマンボ系・3着フォーティナイナーということで、血統面では過去傾向通りの結果が出ている。芝全体の傾向からは、脚質は基本的にフラットだが極端な追い込みは厳しい、という印象を受けた。

本命馬

◎⑩レッツゴードンキ

前日傾向的にはレッドファルクスとの二択。道悪適性、個人的馬券相性から此方を選びたい。高松宮記念キーンランドCに続く今年3度目の本命。おそらくこれが最後のG1参戦となるだろう。念願のG1二勝目をなんとか達成してほしい。

反省会

シリウス

◎⑯ウェスタールンド 2着/⑦人気

 

1着は母父ゴールドアリュールDサンデー保持、2着は父ネオユニヴァースDサンデー保持、3着は母父スペシャルウィークTサンデー保持と、血統傾向通りの決着。勝ち馬オメガパフュームは芝適性に疑問があった為評価を下げましたが、流石3歳世代2番手といった競馬を見せてくれました。ルヴァンスレーヴ共々G1戦線での活躍が楽しみです。

 

本命のウェスタールンドは、向こう正面ではやや離れた最後方での競馬。正直終わったと思っていたところ、4角内々を突き『ワープした』と表現すべき位置取りで中団に。1頭だけ35秒前半の上がりで追い込むも、惜しくもクビ差届かずの2着となりました。前半1000㍍1.00.4の速い流れ、不良馬場で内が開くといった展開の助けも大きいですが、まだダート3戦目で伸び代充分。今後も注目していきたいところです。

スプリンターズS

◎⑩レッツゴードンキ 5着/④人気

 

1着は父アドマイヤムーンフォーティナイナー保持、母母父Royal Academyでニジンスキー内包。2着は父ショウナンカンプ(サクラバクシンオー×ラッキーソヴリン)ニジンスキー内包、母父マイネルラヴ大系統ミスプロ保持。3着は父スウェプトオーヴァーボードフォーティナイナー保持、母母父マルゼンスキーニジンスキー内包上位3頭全てニジンスキー内包という結果に。馬場の悪さから荒れ傾向が予想されるなら、何故ニジンスキーを買わなかったのか…と思っても後悔先に立たず。来年はより重視したいと思います。

 

2着ラブカンプーについて少し触れておきます。サマーシリーズの時から出走する度に「能力は高いがもうお釣りが無い」といって評価を下げ、裏切られてきた馬。今回の結果も踏まえて、単純な能力だけだったら現役最強スプリンターであるという確信めいたものを感じています。これで牡馬だったらまたテスコボーイの血が繋がるのに…と考えると残念でなりません。馬券的においしいのは今回まででしょうし、何事も思うようにはいきませんね…

 

本命のレッツゴードンキは上がり最速で追い込むも届かず5着。スタートは悪くなかったものの、やや外目の枠が響いて道中・直線ともに外を回さざるを得なかったのが辛いですね…