快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018オールカマー/神戸新聞杯を血統から考える

平素よりお世話になっております。

 

現地観戦日曜日は重賞こそ外したものの、平場はそこそこでトントンの結果に。

今週も日曜阪神競馬場で現地観戦予定。

また重賞当たらない期に入りつつあるので、そろそろ負の流れを断ち切りたいところです。

オールカマー

コース:中山芝2200㍍(外)

条件:3歳以上

過去好走馬血統表

なお14年は新潟開催の為、除外。

f:id:kago26:20180911231951p:plain

トニービン

16年2着③人気 サトノノブレス

15年2着①人気 ヌーヴォレコルト

13年1着⑨人気 ヴェルデグリーン

13年2着②人気 メイショウナルト

12年2着④人気 ダイワファルコン

 

中長距離向きの持続力血統。

先週のセントライト記念と同様。

ヴァイスリージェント

17年1着⑤人気 ルージュバック

17年2着①人気 ステファノス

15年1着③人気 ショウナンパンドラ

 

急坂をこなすパワー血統。

出走数自体が少ないので勝率50%を超える。昨年ワンツーで今後のトレンドになる可能性がある。

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/19 12:00時点)

①人気 レイデオロ

(キングカメハメハ×シンボリクリスエス)

今回の注目血統には当て嵌まらないが、セントライト記念2着レイエンダ全兄で当然高く評価しなければならない。操縦性に優れ、展開も不問。他の要因はあれど非根幹距離で勝ち切れない点(京都記念3着)は減点材料か。海外帰り初戦もマイナス。

②人気 アルアイン

(ディープインパクト×Essence of Dubai)

注目血統には挙げなかったがボールドルーラー内包の好走例は4つ。ディープ産駒も近4年毎年1頭絡んでおり、血統面から高い評価が必要。非根幹距離適性は見込める(毎日杯1着・セントライト記念/京都記念2着)が、此方も海外帰り初戦で減点。乗り替わりも不安。

③人気 ダンビュライト

(ルーラーシップ×サンデーサイレンス)

ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)トニービン内包血統評価一番手。安定した先行力からレース適性が見込める。同年AJCC1着前走宝塚記念の臨戦過程も高く評価したい。

④人気 ガンコ

(ナカヤマフェスタ×Singspiel)

ステイゴールドの好走例は16年⑥人気3着ツクバアズマオー・13年1着ナカヤマナイトがあり好相性。非根幹距離適性(日経賞1着)、先行力も高く評価したい。叩き良化型の休養明け初戦である点はやや不安。

⑤人気 エアアンセム

(シンボリクリスエス×サンデーサイレンス)

シンボリクリスエス産駒の好走例は15年⑦人気3着ミトラがある。アルアインと同様の理由である程度の血統評価は必要。過去傾向では前走G1組が優勢の為、夏に使ってきた臨戦過程はあまり評価できない。中距離一線級相手にどこまで力が通用するか。

前日傾向

09/22 9R 九十九里特別(2500㍍)

1着⑧人気 カンパニー×スペシャルウィーク

2着②人気 ルーラーシップ×サンデーサイレンス

3着①人気 ジャングルポケット×マンハッタンカフェ

4着③人気 ステイゴールド×Sadler's Wells

 

外回りではないが非根幹距離という点から注目。血統からは何と言っても上位3頭が全て父系トニービン保持内包馬であることだろう。芝レース全体からはCコースに変わった影響かやや前有利の傾向が見られる。

本命馬

◎②ダンビュライト

(ルーラーシップ×サンデーサイレンス)

詳細は人気馬考察の通り。内目偶数枠は絶好。血統的・実績的にも雨の残る馬場は歓迎するところ。鞍上の4000勝達成もここで来る…かもしれない。複勝を押さえるとトリガミになる為、単勝一点で勝負したい。

神戸新聞杯

コース:阪神芝2400㍍(外)

条件:3歳(菊花賞トライアル)

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20180911233723p:plain

ディープインパクト

17年2着②人気 キセキ

17年3着③人気 サトノアーサー

16年1着①人気 サトノダイヤモンド

15年2着①人気 リアルスティール

13年3着②人気 サトノノブレス

 

クラシック血統。

クラシックディスタンスでは当然重視しなければならない。

キングマンボ系

17年1着①人気 レイデオロ

17年2着②人気 キセキ

16年2着⑥人気 ミッキーロケット

15年1着③人気 リアファル

 

クラシック血統。

同上。

母父短距離血統

17年3着③人気 サトノアーサー

16年1着①人気 サトノダイヤモンド

16年2着⑥人気 ミッキーロケット

15年2着①人気 リアルスティール

15年3着⑦人気 トーセンバジル

14年1着①人気 ワンアンドオンリー

13年2着⑦人気 マジェスティハーツ

 

スピード能力・持続力を伝える血統

多くは父クラシック血統との配合で見られる。

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/19 12:00時点)

①人気 エポカドーロ

(オルフェーヴル×フォーティナイナー)

クラシック血統×短距離血統で条件を満たす。過去に速い上がりを使った実績がないことからレース適性に疑問。とは言え前走ダービー連対馬が過去5年4頭出走して全勝していることを考えると無視できない存在であり、大崩れは考えづらい。

②人気 ワグネリアン

(ディープインパクト×キングカメハメハ)

ディープインパクト母父キングカメハメハで血統条件を満たす。血統評価一番手。ダービーでは先行策で勝利したが、本質は道中脚を溜めて直線長くいい脚を使うタイプであり、レース適性は高い。乗り替わりは不安だが、ある程度人気を落とすなら寧ろ…

③人気 エタリオウ

(ステイゴールド×Cactus Ridge)

クラシック血統×短距離血統で条件を満たす。ダービー上がり2位の末脚は、この舞台では素直に評価したい。現在菊花賞出走ボーダー上にいる為、ここで仕上げてくる可能性は高い。詰めの甘いタイプである点・鞍上の不調は不安。

④人気 ステイフーリッシュ

(ステイゴールド×キングカメハメハ)

母父キングカメハメハで血統条件を満たす。ムラ馬で評価が難しいが、現状は右回りの広いコースがベストと推測する。どちらかと言えばセントライト記念で見たかった。

⑤人気 ゴーフォザサミット

(ハーツクライ×Storm Cat)

クラシック血統×短距離血統で条件を満たす。青葉賞1着でクラシックディスタンス適性が見込める。前走札幌記念の好メンバー相手にコンマ6秒差7着は評価したい。夏に使った上積みでダービー上位勢にどれだけ迫れるか。

前日傾向

土曜10R 夕月特別(1800㍍)

1着⑤人気 ディープブリランテ×キングカメハメハ

2着③人気 ハービンジャー×アグネスデジタル

3着②人気 モンテロッソ×メジロマックイーン

3着⑧人気 スウィフトカレント×フレンチデピュティ

10着①人気 ローエングリン×サンデーサイレンス

土曜12R 3歳上500万下(2000㍍)

1着②人気 ハーツクライ×Not For Sale

2着①人気 ハーツクライ×Seeking the Gold

3着⑧人気 アンライバルド×キングカメハメハ

4着③人気 ストーミングホーム×Caerleon

 

外回りコースから10R、2000㍍以上から12Rに注目。血統からはやはりクラシック血統が順当に力を発揮していることを挙げたい。特にハーツクライは1-1-0-1であり警戒が必要。芝レース全体からは脚質に偏りは見られない

本命馬

◎⑨アドマイヤアルバ

(ハーツクライ×Bernstein)

絶好調のハーツ産駒からこの馬で勝負。クラシック血統×短距離血統で条件を満たす。前走ダービーでは9着ながら上がり最速の末脚(最後方からならそれぐらい出せて当然と言われればそれまでだが…)京都新聞杯⑪人気2着で右/外回りの適性は証明済。少頭数なので枠の有利不利はあまり考えなくて良いだろう。オッズ妙味も充分

反省会

オールカマー

◎②ダンビュライト 3着/②人気

 

ボールドルーラー内包の1-2、3着はトニービン保持。結果だけなら血統面からのアプローチは概ね間違いではなかったようにも見えます。とは言えこれは流石に人気決着が過ぎますね…。非根幹距離適性の面から評価を下げたレイデオロが1頭だけ上がり34秒前半の末脚で差し切ったことを考えると、このメンバーの中であっても能力が抜けている印象を受けました。

 

本命のダンビュライトは、やや出負けした後もなかなかいいポジションが取れず、4角では完全に前が壁。それでも3着まで詰めたのは立派ですが、豊さんのレース後コメントのルーラーシップの血が出てきたのかもしれません」というのが気になるところ。今後もスムーズに先行できないことが増えるのであれば、本来のパフォーマンスを発揮できず2,3着、というパターンに嵌ってしまうのかもしれませんね…。

 

因みに本馬は菊花賞で本命を打っており、複勝で勝負したら5着。今回は単勝で勝負したら3着と、兎に角僕と馬券相性の悪い馬であることが判明しました。好きな馬なんだけどなぁ。

神戸新聞杯

◎⑨アドマイヤアルバ 9着/⑦人気

 

また血統一番手評価の馬にしてやられるという。1,3着は母父キングマンボ系、2着はクラシック血統×短距離血統での決着となりました。人気馬考察からもわかるようにクラシック血統×短距離血統の該当馬が大量にいたことを考えると、来年以降は評価対象から外した方がよいかもしれませんね。今回の結果を見る限りダービー好走馬の取り扱いについては、最先着馬実質上がり最速馬を評価するべきなのでしょう。

 

本命のアドマイヤアルバは結局最後方を回ってきただけという結果。上記で触れたようにダービーの上がり時計は展開上発生したものであり、実質最速はエタリオウだった、と考えれば説明がつく結果になりました。それでもダート馬(ビッグスモーキー)に先着されてるのはどうなの、という気もしますが…