快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018ローズS/セントライト記念を血統から考える

平素よりお世話になっております。

 

残念ながら2週連続的中とはならず…

平場もサッパリで厳しい結果となりました。

 

日曜は阪神競馬場で約半年振りの現地観戦予定。

気分良く帰る為にもしっかり的中させたいところです。

ローズS

コース:阪神芝1800㍍(外)

条件:3歳牝馬(秋華賞トライアル)

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20180906005608p:plain

ディープインパクト

17年2着⑥人気 カワキタエンカ

15年1着①人気 シンハライト

15年1着⑦人気 タッチングスピーチ

15年2着①人気 ミッキークイーン

13年1着①人気 デニムアンドルビー

13年3着⑩人気 ウリウリ

 

瞬発力に優れたクラシック血統。

とにかく上がりの重要度が高いレースである。実際に過去5年で上がり上位2位以内の馬は17年上がり2位ブライトムーン(8着)を除き、全て馬券に絡んでいる。

トニービン

17年3着③人気 リスグラシュー

14年1着②人気 ヌーヴォレコルト

14年2着⑮人気 タガノエトワール

13年2着⑨人気 シャトーブランシュ

 

中長距離向きの持続力血統。

クラシックディスタンス(東京2400)で強い血統を素直に評価したい。

母父サドラーズウェルズ

16年1着①人気 シンハライト

15年1着⑦人気 タッチングスピーチ

14年3着⑨人気 リラヴァティ

 

母系に入ってスタミナを底上げする血統。

特にシングスピールは自身がジャパンC(東京2400)を制しており、ここでもクラシック適性の重要性が見られる。

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/12 12:00時点)

①人気 サトノワルキューレ

(ディープインパクト×RoiNormand)

ディープインパクト産駒で血統条件を満たす。オークスでは連戦により本来のパフォーマンスを発揮できなかった中でのメンバー最先着(6着)。フローラSの際見せた末脚を使うことが出来れば当然勝ち負けだろう。

②人気 サラキア

(ディープインパクト×Lomitas)

ディープインパクト産駒で血統条件を満たす。クラシックシーズンは上位陣に一歩劣る成績だが、前々走では牡馬相手に連対、前走は古馬相手に勝利と着実に力を付けている。安定して速い上がりを使える点もレース適性は高い。とは言え、想定段階ではやや過剰人気傾向に思える。

③人気 カンタービレ

(ディープインパクト×Galileo)

ディープ×サドラー系は15年⑦人気1着タッチングスピーチ、16年1着シンハライトと同じ血統構成。血統だけなら断然の一番手候補。一方、速い上がりを使えない点からレース適性に疑問。絶好調の鞍上は怖いところだが…

④人気 フィニフティ

(ディープインパクト×クロフネ)

ディープ×クロフネは17年⑥人気2着カワキタエンカと同じ血統構成。全兄ステファノス阪神実績(大阪杯2着)があることからも血統的には高いコース適性を持つ。桜花賞見せ場無しの惨敗、紫苑Sからスライドのローテなど不安材料が多い。人気が無ければ狙う手もあるが…

⑤人気 オールフォーラヴ

(ディープインパクト×キングカメハメハ)

ディープインパクト産駒で血統条件を満たす。トニービンではないが、母母父TejanoRunでグレイソヴリン内包オークス1桁着順は悪くはないが、速い上がりを使えない点からレース適性に疑問。

前日傾向

上級条件の阪神芝1800㍍は2レース。

土曜9R 野路菊S

1着②人気 ハーツクライ×RockofGibraltar

2着①人気 ジャスタウェイ×Monsun

3着③人気 シンボリクリスエス×ゼンノロブロイ

土曜12R 3歳以上500万下

1着①人気 マンハッタンカフェ×FusaichiPegasus

2着②人気 StreetCry×Singspiel

3着③人気 ハービンジャー×サンデーサイレンス

 

先に断っておくが、今日の血統傾向はほぼ参考にならないだろう。理由は単純、上記参考レースにローズS最重要血統のディープ産駒が1頭も出走していないからである。それでも敢えて傾向を見出そうとするなら、Tサンデー保持馬の好走が目立つことだろうか。全体的には欧州色の強い血統が実力通りに結果を出している。展開に関してはやはりスローからの上がり勝負になっている為、素直に速い上がりを使える馬を狙うのが良いだろう。

本命馬

◎⑪トーセンブレス

(ディープインパクト×ファルヴラヴ)

ディープインパクト産駒で血統条件を満たす。母父ファルヴラヴはサドラー全弟のフェアリーキング系。阪神JFでは上がり最速・桜花賞ではアーモンドアイに次ぐ上がり2位で終いは確実に伸びてくるタイプ。レース適性はメンバー随一だろう。関東馬だが輸送慣れしているのでその点は心配ない。イマイチ勝ち切れない馬と鞍上である点が最大の不安。

セントライト記念

コース:中山芝2200㍍(外)

条件:3歳(菊花賞トライアル)

過去好走馬血統表

なお14年は新潟開催の為、除外。

f:id:kago26:20180906014208p:plain

ディープインパクト

17年1着②人気 ミッキースワロー

17年2着①人気 アルアイン

16年1着①人気 ディーマジェスティ

16年2着②人気 ゼーヴィント

16年3着③人気 プロディガルサン

12年3着④人気 ダノンジェラート

 

瞬発力に優れた血統。

12秒台が続く緩い流れからラスト3ハロンの上がり勝負という所謂「スローからのヨーイドン」になりやすいレースである。特に近2年は速い上がりが求められるようになり、人気のディープ産駒が順当に結果を出しているのも納得できる。

ロベルト系

17年3着③人気 サトノクロニクル

16年1着①人気 ディーマジェスティ

16年2着②人気 ゼーヴィント

15年2着⑨人気 ミュゼエイリアン

13年1着③人気 ユールシンキング

12年2着⑭人気 スカイディグニティ

 

持久力に秀でる血統。

15年以前の持続力が求められる展開では父系で、16年以降の瞬発力が求められる展開では母系で結果を残している。

グレイソヴリン系

17年1着②人気 ミッキースワロー

17年3着③人気 サトノクロニクル

13年1着③人気 ユールシンキング

13年2着⑤人気 ダービーフィズ

12年3着④人気 ダノンジェラート

 

持久力に秀でる血統。

ロベルト同様父系での勢いは衰えており、母系に入って持久力を付与する形で活躍する。

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/12 12:00時点)

①人気 レイエンダ

(キングカメハメハ×シンボリクリスエス)

POG。母父シンボリクリスエスロベルト保持。デビュー3連勝、全て上がり最速で素質の高さは言うまでもない。絶好調の鞍上も含め、この人気も止む無しといったところ。ただし世代上位馬を相手にするのは初めてなので過信は禁物。ここは疑って掛かりたい。

②人気 ジェネラーレウーノ

(スクリーンヒーロー×ロックオブジブラルタル)

POG。父スクリーンヒーローロベルト保持。中山2勝、皐月賞3着でコース適性は言わずもがな。とは言え、脚質からも終いがどうしても甘くなるため、近2年の上がりが求められるレースになると展開は不向きに。皐月賞のように後続を離した逃げを打てばあるいは…

③人気 ギベオン

(ディープインパクト×Ghostzappar)

ディープインパクト産駒、母母父Archでロベルト内包。前走NHKマイルという珍しいローテではあるが、フリージア賞(2000㍍)1着・毎日杯(1800㍍)2着の実績からも距離はこなせるだろう。先行して速い上がりを使える点が魅力。

④人気 コズミックフォース

(キングカメハメハ×ネオユニヴァース)

血統からは特筆して推す要素が無い。京成杯でジェネラーレウーノとコンマ1秒差の2着があるように中山適性は充分。ダービーではメンバー最先着(3着)と実績最上位。操縦性の高さもこのレースに於いては大きな武器になるだろう。

⑤人気 ブレステイキング

(ディープインパクト×Medicean)

ディープインパクト産駒で血統条件を満たす。フリージア賞ではギベオンとコンマ1秒差の3着、プリンシパルSではコズミックフォースとタイム差無しの2着。とは言え重賞未経験であり、ここではやや過剰人気に感じる。安定して速い上がりを使える点は魅力。

前日傾向

上級条件の中山芝2000㍍以上は3レース。

土曜11R レインボーS(2000㍍)

1着⑦人気 ハービンジャー×サンデーサイレンス

2着①人気 ステイゴールド×LionHeart

3着⑥人気 ステイゴールド×エルハーブ

5着③人気 ヴィクトワールピサ×フレンチデピュティ

6着②人気 ステイゴールド×Galileo

日曜7R 3歳以上500万下(2500㍍)

1着⑤人気 ブレイクランアウト×サンデーサイレンス

2着③人気 ステイゴールド×KrisS.

3着②人気 ドリームジャーニー×クロフネ

4着①人気 ハーツクライ×NotForSale

日曜9R 汐留特別(2000㍍)

1着①人気 ハーツクライ×ジェイドロバリー

2着⑧人気 キングカメハメハ×Kaldoun

3着⑤人気 ディープインパクト×タマモクロス

5着②人気 ステイゴールド×Orpen

11着③人気 ローエングリン×フジキセキ

 

外回り中距離の参考レースが無い為、上記は全て内回りコース。血統面ではステイゴールド保持馬が好走/凡走していることが気になるがセントライト記念に該当馬がいない為、割愛。上記レース含め中山芝全体としてはスローペース内枠・先行有利の傾向が見られる。

本命馬

 ◎①ギベオン

(ディープインパクト×Ghostzappar)

詳細は人気馬考察の通り毎日杯に続いて今年2度目の本命。逃げたい3頭(ケイティ・ジェネラーレ・タニノ)がやり合う形になれば、最も利を得るのは次列に付けられるこの馬。毎日杯(1800㍍)で非根幹距離もこなしており、上位人気馬の中では不安材料が最も少ない。

反省会

ローズS

◎⑪トーセンブレス 15着/⑦人気

 

結果はディープ産駒の1-2-3。1着カンタービレ母父サドラー系でもあり、人気馬考察でも『血統一番手』と評価しながら買わなかったらこの結果です。また、上位3頭は全てディープ×大系統ノーザンダンサーの配合であり、これは来年以降の注目血統に加える必要がありそうです。

 

今回も不発の展開予想について。上がり最速がとにかく絡む本レースで、4角最後方上がり最速サトノワルキューレが6着、同じく4角最後方上がり2位ウラヌスチャームが5着という結果に。前日/当日に「先行して速い上がりを使う馬が勝つ」という傾向の読みづらいレースが続いた結果を「最後方ぶっこ抜きは厳しい」という結論に結び付けられなかったのが失敗でした。

 

本命のトーセンブレスは、好スタートからなぜか先団での競馬。4角3番手から直線ズルズル下がってシンガリ負け。結果的にここでの脚質転換は明らかな失策だったという評価しかできません。本来の道中脚を溜める競馬に徹していれば、結果は大きく違っていたでしょう。それでも上記傾向を考えれば馬券内すら厳しかったような気もしますが…

セントライト記念

◎①ギベオン 13着/③人気

 

ロベルト保持馬の1-2、3着グレイルは父ハーツクライトニービン内包。血統傾向通りの決着となりました。惜しむらくは今回重視したディープ産駒がさっぱりだったことです。

 

展開は逃げ3頭が競り合わず、タニノが単騎大逃げを打つ形に。その為ラップタイムが全く参考になりませんが、2,3着が後方からの追い込みになっている辺りからは近2年と近い展開だったと考えられます。1着ジェネラーレウーノは、タニノの大逃げのおかげで実質先頭に立つ展開になったことで終始自分のペース、気分屋のこの馬にとって最高の展開で競馬することが出来ました。

 

本命のギベオンは、番手の絶好位で立ち回るも4角前から先頭を捉えに出た結果、直線失速して惨敗。正直「何やってんだ」と言う他ありません。結局POG馬買ってりゃ1,2着で当たってんじゃねーか!!!