快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018紫苑S/京成杯AH/セントウルSを血統から考える

平素よりお世話になっております。

 

ブログ名変えた途端当たり出したのは偶然でしょうか。

風水的な何かを感じないでもありません。

2週連続的中目指して頑張ります。

 

ようやくフォーマットが定まりつつあります。

スマホから見るとゴチャつく感じが否めない…

紫苑S

コース:中山芝2000㍍(内)

条件:3歳牝馬(秋華賞トライアル)

過去好走馬血統表

なお14年は新潟開催の為、除外。

f:id:kago26:20180830004707p:plain

グレイソヴリン系

17年3着④人気 ポールヴァンドル

15年1着⑧人気 クインズミラーグロ

15年3着⑥人気 エバーシャルマン

13年2着②人気 リボンコントロール

13年3着⑦人気 モモトンボ

12年3着⑧人気 フレイムコード

 

持続力に秀でる血統。

昨今のグレイソヴリン持ちと言えばハーツクライ産駒が中心だが、昨年は母父含め3頭出走して全て掲示板外。血統だけでなくデータも組み合わせて取捨選択する必要がある。

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/05 16:00時点)

①人気 マウレア

(ディープインパクト×StormCat)

メンバー中オークス最先着(5着)。重賞昇格初年がディープ産駒のワンツーである以上バッサリ切り捨てるのも危険だが、全姉アユサンの実績も踏まえ、小回り2000㍍でパフォーマンスを上げるタイプには思えない。輸送を加味してもローズSの方で見たかった。

②人気 ノームコア

(ハービンジャー×クロフネ)

父・母父ともに小回り得意の血統。フラワーC3着でコース適性は評価できる。先行粘りこみタイプである為、外差し有利のレース適性には疑問。クラシック未出走にも拘らず夏休養でトライアルというローテも気に食わない。ただ、この鞍上起用は怖いところ。後先考えずに目イチ仕上げで出てくるならあっさり勝たれても驚けない。

③人気 フィニフティ

(ディープインパクト×クロフネ)

回避してローズSに向かう。

繰り上げ③人気 イオニアバイオ

(ルーラーシップ×ゼンノロブロイ)

ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)グレイソヴリン内包Tサンデーも本レースと相性が良く、血統だけなら断然の1番手評価。オークスではアーモンドアイを除く上位陣と差のない上がり時計で、メンバー中2番手の7着。8戦目で初勝利と勝ち切れないタイプなのが不安。

繰り上げ④人気 レッドベルローズ

(ディープインパクト×Unbridled’sSong)

ディープ×大系統ミスプロ系は16年2着ヴィブロス(母父Machiavellian)と同じ血統構成。とはいえ欧州血統が目立つ本レースへの適性は微妙なところ。フェアリーS3着・ミモザ賞勝利の実績からコース適性は見られる。ノームコア同様ローテが気に食わない。野分特別と両睨み。

繰り上げ⑤人気 サラス

(オルフェーヴル×Tapit)

17年⑥人気2着カリビアンゴールド(父ステイゴールド)がいるように、中山重賞に強いステイゴールドの血を引く。前走1000万下連対の臨戦過程は高評価。古馬相手の2戦で共に上がり最速とレース適性も高い。6月以来休養明けの競馬になる点は心配だが、個人的にはこのメンバー相手なら抜けて強いのではないかと思っている。

本命馬

◎④サラス

(オルフェーヴル×Tapit)

人気馬考察の通り。中山得意の鞍上も魅力。内目の偶数枠も悪くない。

 

今回はもう一頭、どうしても買いたい馬がいるので単勝2点・ワイド1点で勝負。

と思っていたけど流石に②人気(09/08 02:45時点)はやり過ぎ…

オッズ妙味を考えると此方の単複が妥当。

○⑥クイーングラス

(ルーラーシップ×アグネスタキオン)

ルーラーシップ(キングカメハメハ×トニービン)グレイソヴリン内包。勝ち切れないタイプであるのは否めないが、2回の500万条件で見せた末脚は特筆に値する。距離延長、勝利経験のある中山に戻るのはプラス。また、夏に使った上積みという点に於いてはこの馬が一番と見た。デビューが4月と遅かった分クラシック参戦は叶わなかったが、ラスト1冠を狙える好素材だと思う。こちらも好枠を引くことが出来た。

京成杯AH 

コース:中山芝1600㍍(外)

条件:3歳以上ハンデ(サマーマイルシリーズ)

過去好走馬血統表

なお14年は新潟開催の為、除外。

f:id:kago26:20180830011614p:plain

ロベルト系

17年1着①人気 グランシルク

16年1着①人気 ロードクエスト

16年2着⑥人気 カフェブリリアント

12年2着⑥人気 スマイルジャック

12年3着④人気 スピリタス

 

持続力に秀でる血統。

底力が求められる中山コース全般に相性がいい。

ボールドルーラー

17年3着⑥人気 ダノンリバティ

16年1着①人気 ロードクエスト

16年3着②人気 ダノンプラチナ

15年1着⑬人気 フラアンジェリコ

13年1着③人気 エクセラントカーヴ

12年3着④人気 スピリタス

 

持続力に秀でる血統。

短距離志向が強い為、相手である程度の持久力を補う配合が好ましい。 

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/05 16:00時点)

①人気 ロジクライ

(ハーツクライ×Machiavellian)

血統からは特筆して推す要素が無い。個人的には距離延長を見てみたい(実際マイルで結果を出しているので何とも言えないところだが…)。好位に付けられる機動力の高さがセールスポイントだが、本レースは4角位置取りを問わず速い上がりの重要度が高い為、評価できない。

②人気 ミッキーグローリー

(ディープインパクト×ホワイトマズル)

中山にしてはディープの好走が目立つのが本レースの特徴。中山マイル2勝、全弟カツジも同舞台ニュージーランドTを制しており、コース適性は評価できる。だがそもそも能力に疑問。11秒が並ぶ締まったラップタイムにいきなりから対応できるとは思わない。やや見込まれたハンデ55㌔、明らかな鞍上過剰人気もマイナス。

③人気 ワントゥワン

(ディープインパクト×ファルブラヴ)

上述の通り、本レースは意外とディープ産駒が走る。デビュー以来上がり3位を外したことが無く、タフな流れでも確実な末脚にレース適性を感じる。斤量減も魅力。あとは乗り替わりの影響がどれだけか…

④人気 ヒーズインラブ

(ハービンジャー×Include)
小回り向きの持続力を持つ血統構成。同舞台のダービー卿CTを制しており、コース適性は証明済。安定してメンバー上位の上がりを使える点も本レースに合致している。休養明けで力を出せるかは疑問。馬場が渋るなら更に評価を上げたい。

⑤人気 ロードクエスト

(マツリダゴッホ×チーフベアハート)

マツリダゴッホ(サンデーサイレンス×BelBolide)・母父チーフベアハート(Chief’sCrown×BoldHour)・母母父リアルシャダイで、ロベルト内包ボールドルーラーのクロス内包。そもそも16年1着であり、コース適性・レース適性は証明済。近走は先行脚質に転換しており、その分決め手が他馬に見劣るようになったのは懸念点か。

前日傾向

上級条件の中山1600㍍は2レース。

9R アスター

1着①人気 ダイワメジャー×ホワイトマズル

2着②人気 ルーラーシップ×アグネスタキオン

3着③人気 ナカヤマフェスタ×マイネルラヴ

12R 3歳以上500万下

1着⑦人気 ルーラーシップ×ディープインパクト

2着⑥人気 ローエングリン×アグネスタキオン

3着②人気 ハーツクライ×GrandSlam

4着①人気 ディープインパクト×Sholokhov

5着③人気 ノヴェリスト×ネオユニヴァース

 

全体的な傾向としてはPサンデー保持馬の好走が目立つ。ルーラーシップ産駒が2着1着と好走しているが、京成杯のメンバーには該当なし。また中山芝全体の傾向としてサンデー系×大系統ミスプロ系(逆も可)の好走が目立った。

本命馬

◎⑤ロードクエスト

(マツリダゴッホ×チーフベアハート)

人気馬考察の通り関屋記念に続いて今年2度目の本命。前日傾向からPサンデー保持もプラス要素に。

セントウルS

コース:阪神芝1200㍍(内)

条件:3歳以上別定(サマースプリントシリーズ)

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20180830014540p:plain

米国型ミスタープロスペクター

17年1着①人気 ファインニードル

17年3着④人気 ダンスディレクター

16年3着⑨人気 ラヴァーズポイント

14年1着④人気 リトルゲルダ

14年2着①人気 ハクサンムーン

13年1着②人気 ハクサンムーン

13年3着③人気 ドリームバレンチノ

 

ダート兼用の馬力血統。

複数頭の好走馬を輩出しているアドマイヤムーンマイネルラヴの血を重視したい。

ストームバード系

17年2着⑥人気 ラインミーティア

16年2着②人気 ネロ

15年1着⑩人気 アクティブミノル

13年2着①人気 ロードカナロア

 

ダート兼用の馬力血統。

近年は全体として平穏傾向が続いているが、人気薄を狙うならここから。

人気馬考察

参考:netkeiba想定オッズ(09/05 16:00時点)

①人気 ファインニードル

(アドマイヤムーン×MarkofEsteem)

アドマイヤムーン米国型ミスプロ保持。17年1着であり、コース適性・レース適性は言わずもがな。とはいえ海外帰り・休養明け初戦・スプリンターズSの叩き・斤量58㌔と不安材料が多過ぎる。見送り安定。

②人気 ラブカンプー

(ショウナンカンプ×マイネルラヴ)

母父マイネルラヴ米国型ミスプロ保持プリンスリーギフト系×大系統ミスプロ系は16年1着ビッグアーサー(サクラバクシンオー×Kingmambo)と同じ血統構成。安定した先行力を持ち、前残り濃厚のレース適性に合致する。阪神で凡走が目立つことからコース適性は疑問。3歳牝馬のサマースプリント3戦目で上積みも無く、積極的には推せない。

③人気 ダイアナヘイロー

(キングヘイロー×グラスワンダー)

過去好走例に当てはまる点が少なく、血統からは推しづらい。阪神1400㍍以下で3勝、先行脚質でコース適性・レース適性は評価できる。斤量54㌔も好走パターンに当てはまる。とはいえ、ムラがある成績にこの人気では買うメリットが見当たらない。

④人気 アサクサゲンキ

(StormyAtlantic×DixielandBand)

StormyAtlanticストームバード保持。近走は最後方から直線追い込む競馬を続けており、レース適性に疑問。今回の乗り替わりで以前の先行策に戻してきた場合は怖い1頭。

⑤人気 ジーナフォルテ

(アルデバランⅡ×ボストンハーバー)

アルデバラン米国型ミスプロ保持。先行脚質でレース適性が高く、サマースプリント好走という臨戦過程も評価したい。関西遠征で結果を出せていないのが唯一にして最大の不安材料。

前日傾向

上級条件の阪神1400㍍以下は1レース。

12R 3歳以上500万下(1400㍍)

1着④人気 メイショウボーラー×フジキセキ

2着②人気 キンシャサノキセキ×Concerto

3着⑦人気 ダイワメジャー×トニービン

9着③人気 ハーツクライ×FusaichiPegasus

10着①人気 ルーラーシップ×アグネスタキオン

 

短距離芝が1400㍍しかなかった為データの有意性は微妙だが、ミスプロ保持馬の人気2頭が凡走しているのは気になるところ。メイショウボーラー(タイキシャトル×StormCat)産駒の好走を考えると、今回はストームバード系を上位に取った方が良いように思う。好走馬の4角位置を考えると、前残りの傾向は揺るがないだろう。

本命馬

◎⑨ネロ

(ヨハネスブルグ×サンデーサイレンス)

ヨハネスブルグストームバード保持。16年2着でレース適性・コース適性は証明済。重馬場の16年京阪杯を制しているように道悪適性も充分。近3走はダートを使っているが、芝替わりで17年京阪杯を連覇しており、本馬の好走パターン…なのかもしれない。逃げ馬のイメージが強いがテンのスピードが速いわけではないので、鞍上がどれだけ積極的に運べるかが鍵になるだろう。やや人気しているのは気に食わないが、好騎乗に期待。

反省会

紫苑S

◎⑥クイーングラス 7着/④人気

 

今回のラップタイムは後半5ハロンに11秒が並ぶタフな流れ。持続力勝負に強いハービンジャー産駒のノームコア、ロベルト系産駒のランドネが結果を出したのも頷けます。

一番のミスは馬場の読み違えでしょう。外差しが決まる馬場に決め打ちしていたのが仇となりました。開幕週の前残り馬場も考慮すれば、過去傾向で差しが決まりやすかったとしても脚質の重要度は下げるべきでした。

 

本命のクイーングラスは好スタートを決めるも、向こう正面でポジションを下げ、4角では馬群の中。差し脚を伸ばすことも出来ず7着となりました。初重賞挑戦がこのラップタイムだと厳しかったのかもしれません。

次走秋華賞で狙いたいのは2着マウレア。小回り適性の無さを地力の高さで埋めた形でしょうか。レースを見る限り距離は2000㍍までなら持ちそうです。今回は1着に差をつけられたものの、一叩きした上積み・ディープの走る京都に変わることによって本番で逆転する可能性は高いと思います。

京成杯AH

◎⑤ロードクエスト 4着/⑤人気

 

結果としてディープインパクト産駒の上がり上位2頭でワンツー。人気馬考察で「ディープが走る」「上がりの重要度が高い」と書いておきながら買わないのは穴党の性ですね。人気決着になってしまったのでこれはもう仕方がないです。

 

本命のロードクエストは想定以上の好スタートから先団で競馬をするも、3角付近からやや遅れ4角は馬群の中に。最後はジリジリ伸びるもののハナ差届かず4着。アタマ差5着には前日Twitterで評価した⑧人気ゴールドサーベラス。いつもの間の悪さが出た、としか言いようがありません…精進します。

セントウルS

◎⑨ネロ 6着/③人気

 

上位2頭が順当に力を発揮した形に。特にファインニードルはG1連覇に向けて視界良好、といったところでしょうか。⑦人気3着のグレイトチャーターは母父Giant'sCausewayストームバード保持。血統傾向には当てはまるものの、脚質で切ったらこの結果…紫苑Sに続いて脚質決め打ちが仇となりました。血統予想を謳っている以上、最優先すべき予想ファクターは血統でなければならない、ということを痛感しました。また、2着3着はプリンスリーギフト産駒。16年1着ビッグアーサー(父サクラバクシンオー)、14年2着13年1着ハクサンムーン(母父サクラバクシンオー)なども踏まえて、来年以降はこの血も評価する必要がありそうです。

 

本命のネロはスタートから押して出ていくものの、ラブカンプーとの競り合いになった時点で此方の残り目はありませんでした。想定以上に売れていた時点で本命変更が必要だったかもしれません。それにしても掲示板すら逃してしまう辺りからは流石に衰えを感じました。