快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯2018北九州記念/札幌記念を血統から考える

平素よりお世話になっております。

今週の競馬を終えて、というか今年の夏競馬も終盤に掛かってきてやっと気付いたんですけど、重賞に関しては血統条件該当馬から人気してるの買ったほうが良くないか?

というか人気は考慮せず強いと思ったところを素直に狙うべきなのかもしれないね。

ここまで外すと流石に何かしら変えないとアカン…と思い始めた今日この頃。

北九州記念上位馬血統

まずは小倉芝1200、ハンデ重賞「北九州記念」。

f:id:kago26:20180810183339p:plain

注目血統は3つ。

プリンスリーギフト

1着2回、リピーター1頭を含む、5回好走馬を輩出。

17年2着⑬人気 ナリタスターワン(父ショウナンカンプ)

16年1着⑧人気 バクシンテイオー(父サクラバクシンオー)

16年2着①人気 ベルカント(父サクラバクシンオー)

15年1着②人気 ベルカント(父サクラバクシンオー)

15年2着①人気 ビッグアーサー(父サクラバクシンオー)

ボールドルーラー

1着2回、リピーター1頭を含む、5回好走馬を輩出。

17年2着⑬人気 ナリタスターワン(母母父Exuberant)

16年2着①人気 ベルカント(母父ボストンハーバー)

16年3着③人気 オウノミチ(父母父ジャッジアンジェルーチ)

15年1着②人気 ベルカント(母父ボストンハーバー)

14年3着⑬人気 メイショウイザヨイ(父母父ジャッジアンジェルーチ)

ニジンスキー

4回好走馬を輩出。

17年2着⑬人気 ナリタスターワン(父母父ラッキーソヴリン)

17年3着⑮人気 ラインスピリット(母母父マルゼンスキー)

14年3着⑰人気 カイシュウコロンボ(母母父マルゼンスキー)

13年2着⑤人気 ニンジャ(母母父ラムタラ)

2018年該当馬(五十音順)

アクティブミノル(父スタチューオブリバティ母父アグネスタキオン)

アサクサゲンキ(父StormyAtlantic)

グレイトチャーター(父サクラバクシンオー)

ゴールドクイーン(父シニスターミニスター母父タイキシャトル)

スカイパッション(父スペシャルウィーク)

ダイメイプリンセス(母父ダンスインザダーク)

トウショウピスト(母父サクラバクシンオー)

ガラフラワー(父ダンスインザダーク)

ナリタスターワン(父ショウナンカンプ母母父Exuberant)

ラブカンプー(父ショウナンカンプ)

注目データ

ハンデに注目。過去10年の連対馬20頭の内、13頭が斤量54㌔以下だった。勝ち馬に限れば6頭、その内5頭は単勝10倍を超えていた。人気薄の単勝を狙うのであれば、軽ハンデ馬を重視したい。

注目馬

現時点での本命候補はゴールドクイーン。

シニスターミニスターボールドルーラー保持、母父タイキシャトルがデビルズバッグ×カーリアンニジンスキー内包。斤量も流石に54㌔は切るだろう。長期休養明けのダートOP昇竜Sを除けば3-1-1-0と抜群の安定感。芝1000~1200がベストと思わせる先行力と持続力が魅力であり、速い上りの重要度が低いこのレースの適性は非常に高い。葵Sでやたら儲けさせてもらったので今回も信じたい。

以下ラブカンプー、アクティブミノル、トウショウピスト、ナリタスターワン、グレートチャーターまで検討。

本命馬(前日追記)

◎①ゴールドクイーン

前述の通り、実力を発揮できる舞台。内過ぎる気がしないでもないが、外を引くよりかはマシだろう。あとは能力が足りるかどうかだけ。

札幌記念上位馬血統

次に札幌芝2000、「札幌記念」。

f:id:kago26:20180810193552p:plain

注目血統は2つ。

キングマンボ系

1着1回を含む、4回好走馬を輩出。

17年1着⑥人気 サクラアンプルール(父キングカメハメハ)

17年2着⑫人気 ナリタハリケーン(父キングカメハメハ)

17年3着①人気 ヤマカツエース(父キングカメハメハ)

15年2着⑧人気 ヒットザターゲット(父キングカメハメハ)

昨年は出走した4頭全てが掲示板確保。

マンハッタンカフェ

1着1回を含む、3回好走馬を輩出。

15年3着④人気 ダービーフィズ(母マンハッタンフィズ)

12年1着④人気 フミノイマージン(父マンハッタンカフェ)

12年3着②人気 ヒルノダムール(父マンハッタンカフェ)

マンハッタンフィズはマンカフェの全妹。近年はそもそも出走頭数が減っている。今年も該当馬なし。

2018年該当馬(五十音順)

アイトーン(父キングズベスト)

サクラアンプルール(父キングカメハメハ)

スズカデヴィアス(父キングカメハメハ)

モズカッチャン(母父キングカメハメハ)

注目データ

近走の上がり順位に注目。対象5年で馬券に絡んだ15頭の内、8頭は近2走で上がり3位以内を出していた。また、本番に於いても13頭が上がり3位以内を出している。シンプルに速い上がりを使える馬から買うべき。

注目馬

現時点での本命候補はスズカデヴィアス。

キングカメハメハで血統条件、前走函館記念上がり2位前々走新潟大賞典上がり2位で注目データを満たす。脚質転換した16年末からは重賞でも安定した走りを見せている。前々走で初重賞制覇を果たし、充実度は今がベスト。前走の馬券外、G1実績馬への人気集中のおかげでオッズ妙味は充分だろう。一発に大いに期待している。

以下モズカッチャン、サクラアンプルールまで検討。

本命馬(前日追記)

◎⑮モズカッチャン

母父キングカメハメハで血統条件、前々走京都記念上がり1位で注目データを満たす。人気馬を買うと決めた時点でサクラアンプルールとの2択。しかしモズは大外枠・海外帰りで仕上げ不足であること、サクラは落馬による急遽乗り替わり、というように双方大きな不安要素を抱えることとなった。そうなれば単純に能力が上の方を取るしかない、ということで此方を選択。個人的には、まともにやればこのメンツなら抜けて強いと思っている。ミルコを信じろ。

まとめ

人気馬買った途端クソ荒れ…ってことは無いと信じてる。

…無いよな?

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

また次回も読んで頂ければ幸いです。それでは。