快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018七夕賞/プロキオンSを血統から考える

平素よりお世話になっております。

今週は平場で儲けてプラス収支。重賞も当たってくれ…

 

まずは福島芝2000、ハンデ重賞「七夕賞」。

七夕賞 過去5年上位馬血統

f:id:kago26:20180701180243p:plain

6番人気以下が約半数を占めている楽しいレース。注目血統は3つ。

①Tサンデー産駒

勝ち馬3頭を含む9頭の好走馬を輩出。

17年1着①人気 ゼーヴィント(父ディープインパクト)

17年2着⑤人気 マイネルフロスト(父ブラックタイド)

17年3着⑦人気 ソールインパクト(父ディープインパクト)

16年1着③人気 アルバートドッグ(父ディープインパクト)

16年2着⑤人気 ダコール(父ディープインパクト)

15年2着⑧人気 ステラウインド(父ゼンノロブロイ)

14年1着⑤人気 メイショウナルト(父ハーツクライ)

14年2着⑩人気 ニューダイナスティ(父ディープインパクト)

13年2着⑦人気 トレイルブレイザー(父ゼンノロブロイ)

特に注目したいのはディープインパクト産駒。人気薄含む5頭が好走。ローカル開催ということで人気の盲点になっているのか?今年は該当馬がいないが来年以降狙っていきたい。

②ロベルト保持

勝ち馬1頭を含む4頭の好走馬を輩出。昨年ワンツーと勢いがある。

17年1着①人気 ゼーヴィント(母父ブライアンズタイム)

17年2着⑤人気 マイネルフロスト(母父グラスワンダー) 

14年2着⑩人気 ニューダイナスティ(母父Dynaformer)

13年3着⑭人気 タガノエルシコ(父マヤノトップガン)

ラジオNIKKEI賞でも挙げたように小回り適性が高い血統。

クロフネ産駒

2頭の好走馬を輩出。

16年3着⑪人気 オリオンザジャパン

15年3着⑯人気 マデイラ

どちらも大穴。そもそも出走数が少ないので出てきたら警戒が必要。今年は該当馬無し。

2018年該当馬(五十音順)

シルクドリーマー(タニノギムレット)

バーディーイーグル(ブライアンズタイム)

ラチナムバレット(マンハッタンカフェ)

マイネルフロスト(ブラックタイド母父グラスワンダー)

マイネルミラノ(ステイゴールド母母父シルバーホーク)

メドウラーク(タニノギムレット)

ワンブレスアウェイ(ステイゴールド)

 注目馬

現時点での本命候補一番手はマイネルフロスト。昨年2着でレース適性は証明済み。長期休養明け初戦の前走は度外視。強力な先行勢もいないので、自分のペースで競馬が出来れば。次点にプラチナムバレット。

枠順確定後本命馬

◎③マイネルフロスト 単複

前述の通り。内枠を引けたのも脚質から歓迎。実績は無いが血統的には道悪をこなせても不思議ない。このメンバーなら頭まで充分あり得る。

 

続いて中京ダート1400、「プロキオンS」。

プロキオンS 過去5年上位馬血統

f:id:kago26:20180701191120p:plain

対馬10頭全てが5番人気以内と堅いレース。注目血統は3つ。

A.P.Indy系産駒

勝ち馬2頭を輩出。

17年1着⑤人気/16年3着②人気 キングズガード(父シニスターミニスター)

15年1着④人気/14年1着①人気 ベストウォーリア(父Majestic Warrior)

どちらも二年連続で好走している点から、リピーターが来るレースであるとも考えられる。

②亜流サンデー産駒

勝ち馬1頭を含む4頭の好走馬を輩出。

17年3着⑥人気 ブライトライン(父フジキセキ)

16年1着①人気 ノボバカラ(父アドマイヤオーラ)

14年3着⑩人気 ガンジス(父ネオユニヴァース)

13年2着⑤人気 セイクリムズン(父エイシンサンディ)

主流レースでよく見かけるようなリーディング上位のサンデーではなく、Pサンデー、Dサンデーのようなずれた適性を持つタイプが結果を残している。

キングカメハメハ産駒

勝ち馬1頭を含む2頭の好走馬を輩出。

15年3着⑧人気/14年2着②人気 キョウワダッフィー

13年1着②人気 アドマイヤロイヤル

こちらもリピーター。この3系統の父を持つ馬から本命馬を決めていきたい。

2018年該当馬(五十音順)

インカンテーション(シニスターミニスター)

キングズガード(シニスターミニスター)

サイタスリーレッド(ダノンシャンティ)

サクセスエナジー(キンシャサノキセキ)

ドライヴナイト(カジノドライヴ)

ナムラミラクル(スパイキュール)

ブライトライン(フジキセキ)

 注目馬

現時点での本命候補一番手はキングズガード。人気の中心は同じシニミニ産駒のインカンテーションになると思うが、そちらは1400以下に実績が無い。単純な実力比較では分が悪いが、この距離でこそ逆転が見込める。リピーター性が高いレースというのも加点材料。傾向から無理な穴狙いはせずに。次点にブライトライン

枠順確定後本命馬

◎⑦キングズガード 単複

前述の通り。前日14:00現在7.2倍で「こんな付いてええんか…?」という気持ち。血統・実績ともに道悪適性あり。単勝一点でも大丈夫とは思うが、そろそろ外し続けるのも辛いので複勝も押さえて確実に獲りにいきたい。

 

まとめ

そろそろ当てたい。

 

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

また次回も読んで頂ければ幸いです。それでは。