快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018ラジオNIKKEI賞/CBC賞を血統から考える

平素よりお世話になっております。

忌々しい阪神開催がやっと終わり、今週から夏競馬がスタートします。

上半期の反省を活かしてより良い結果を出せるように頑張ります。

 

まずは3歳ハンデ重賞、ラジオNIKKEI賞から。

ラジオNIKKEI賞 過去5年上位馬血統

f:id:kago26:20180624192856p:plain

注目したいのは2つの血統。

①母系ロベルト保持/内包馬

勝ち馬3頭を含む6頭の好走馬を輩出。

17年①着 セダブリランテス

16年①着 ゼーヴィント

15年②着 ミュゼゴースト

15年③着 マルターズアポジー

13年①着 ケイアイチョウサン

13年②着 カシノピカチュウ

小回り1800というコースの性質上、早仕掛けによる消耗戦が予想されます。

その傾向に合致するのがこの血統。人気馬、人気薄に関わらず注意が必要です。

②欧州ナスルーラ保持/内包馬

 広く取りましたが、勝ち馬3頭を含む7頭の好走馬を輩出。

17年①着 セダブリランテス(父母父ネヴァーベンド)

17年③着 ロードリベラル(母母父トニービン)

16年②着 ダイワドレッサー(母母父トニービン)

16年③着 アーバンキッド(父母父トニービン/母父レッドゴッド)

15年①着 アンビシャス(母母父レッドゴッド)

15年②着 ミュゼゴースト(父レッドゴッド)

13年①着 ケイアイチョウサン(母母父ネヴァーベンド)

こちらもロベルト同様スタミナに長けた血統。

分かりやすくするため敢えてこの2つの血統を挙げましたが、底力のある血統が走るレースであるという見方も出来るかと思います。

2018年該当馬(五十音順)

①母系ロベルト保持/内包馬

マイハートビート(ゼンノロブロイ×Intikhab)

ロードアクシス(ブレイクランアウト×Arch)

ロードライト(ヴィクトワールピサ×グラスワンダー)

②欧州ナスルーラ保持/内包馬

イェッツト(カンパニー×キングカメハメハ)

キボウノダイチ(バゴ×ステイゴールド)

キューグレーダー(ダノンシャンティ×BrokenVow)

マルタ―ズルーメン(ディープブリランテ×Swain)

 注目馬

人気サイドからはイェッツト京成杯③着、プリンシパルS③着とオープンクラスで好走しており、このメンツなら実績上位です。特に前走プリンシパルS組は過去10年で2-2-2-9、複勝率40%と好相性。ダービー③着のコズミックフォースとタイム差無しの競馬が出来ている点も高く評価出来ます。ある程度オッズがつくなら積極的に狙いたいところ。

穴っぽいところからはロードアクシス若葉S(京都内回り2000)ではブービー人気単勝334倍ながら③着と大健闘。また、前々走ひめさゆり賞(福島2000)を勝っているようにコース適性は証明済み。現状、重賞では上位馬と力差がありますが、ハンデ次第ではまた波乱を起こす可能性が充分にあります。

枠順確定後本命馬(6/29追記)

◎①ロードアクシス単複

上記のように実績は充分。「過去6年の好走馬18頭中12頭が1~3枠」(JRAデータ分析から引用)という内枠有利なレースで好枠を確保しました。ひめさゆり賞でも2番枠で勝利しているように、ある程度揉まれる展開になっても対応できることは証明済みです。激走に期待。

 

続いてこちらもハンデ重賞、CBC賞

CBC賞 過去5年上位馬血統

f:id:kago26:20180624205817p:plain

注目したいのは2つの血統。

①芝適性ミスタープロスペクター保持/内包馬

勝ち馬2頭を含む8頭の好走馬を輩出。

17年②着 セカンドテーブル

17年③着 アクティブミノル

16年①着 レッドファルクス

16年②着 ラヴァーズポイント

15年②着 ダンスディレクター

15年③着 13年③着 サドンストーム

14年①着 トーホウアマポーラ

13年②着 ハクサンムーン

どこまでを芝適性の高いミスプロと見なすかは難しいところですが、その馬自身が芝での好走実績があれば大丈夫かと思います。

②短距離ナスルーラ保持/内包馬

①の血統にはやや見劣るものの、勝ち馬1頭を含む6頭の好走馬を輩出。

特に13年は①~③着を独占しています。

17年③着 アクティブミノル(父母父シアトルスルー/母父母父ボールドルーラー)

16年③着 ベルカント(父サクラバクシンオー/母父ボールドルーラー)

15年③着 13年③着 サドンストーム(母母父ボールドルーラー)

14年②着 エピセアローム(母父ジー)

13年①着 マジンプロスパー(父アドマイヤコジーン/母母父ボールドルーラー)

13年②着 ハクサンムーン(母父サクラバクシンオー)

このようにサンデー系主流血統とは異なる、所謂分かりやすく短距離志向の強い血統が強いレースとなっています。

2018年該当馬(五十音順)

①芝適性ミスタープロスペクター保持/内包馬

セカンドテーブル(トワイニング×サンデーサイレンス)

ダイメイフジ(アグネスデジタル×ダンスインザダーク)

トーキングドラム(キングカメハメハ×サンデーサイレンス)

フミノムーン(アドマイヤムーン×サンダーガルチ)

ワンスインナムーン(アドマイヤムーン×ヘクタープロテクター)

②短距離ナスルーラ保持/内包馬

アサクサゲンキ(StormyAtlantic×DixielandBand)

スノードラゴン(アドマイヤコジーン×タヤスツヨシ)

トウショウピスト(ヨハネスブルグ×サクラバクシンオー)

ナリタスターワン(ショウナンカンプ×サンデーサイレンス×Exuberant)

①②両方

アクティブミノル(スタチューオブリバティ×アグネスタキオン×キングマン)

グレイトチャーター(サクラバクシンオー×ジャイアンツコーズウェイ×シーキングザゴールド)

レ―ヴムーン(アドマイヤムーン×サクラユタカオー)

流石に多い…

 注目馬

人気サイドからはアサクサゲンキ小倉2歳S①着から京王杯2歳S③着、ファルコンS②着と世代上位のスプリンターです。メタ的な考え方をすれば、血統的に早熟型でそろそろ能力が頭打ちになるため、陣営も力を入れて仕上げてくるのではないかと予想できます。3歳馬の軽ハンデが貰えれば、古馬相手でも好勝負が期待できます。

穴っぽいところからは(人気するかもしれませんが…)アクティブミノル。近走着順は揮いませんが、なんといっても昨年③着に激走しています。同系脚質ワンスインナムーンの出方にもよりますが、行き切ってしまえば開幕馬場を活かした逃げ残りも期待できます。人気の盲点になるならば注意が必要です。

枠順確定後本命馬(6/29追記)

◎②トウショウピスト単複

◯⑥アクティブミノル

逃げ馬2頭を本命対抗にします。逃げ宣言のワンスインナムーンが外目⑮に入ったことにより、ハナ争いはこちらに分がありそうです。◎は今回1番人気が予想されるダイメイフジに前走コンマ1秒差。斤量差のなくなる今回は単純計算で勝ち目があります。◯は上記の通り。予想以上に人気しそうなので、オッズを見つつ強弱をつけて買っていきます。

 

まとめ

両重賞ともオッズが読みづらい…

一方で比較的血統傾向がハッキリ出ているレースではあるので、各馬の状態を見つつ積極的に人気薄を狙っていきたいと思います。よろしければ馬券検討の参考にして下さい。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

また次回も読んで頂ければ幸いです。それでは。