快晴武頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018宝塚記念を血統から考える

平素よりお世話になっております。

 

さて、今週末は競馬界の上半期総決算宝塚記念が行われます。

そこでふと思い立って、備忘録を兼ねて僕の血統予想のプロセスを言語化していこうと思いました。

 素人の戯言ですが、お暇な方はどうぞお付き合い下さい。

過去5年上位馬血統

f:id:kago26:20180618082125j:plain

注目したいのは3つの血統です。

ディープインパクト産駒

過去5年で勝ち馬1頭を含む7頭の好走馬を出しています。

注目したいのはその殆どが牝馬且つ人気薄であることです。

2017年③着ミッキークイーン(④人気)

2016年①着マリアライト(⑧人気)

2015年②着デニムアンドルビー(⑩人気)

2015年③着ショウナンパンドラ(⑪人気)

2014年③着ヴィルシーナ(⑧人気)

ディープインパクトフィリーサイアーと呼ばれることもあり、混合重賞でも勝負になる強い牝馬を数多く輩出しています。比較的荒れるG1である宝塚記念でこそ、このような馬が台頭してくるのではないでしょうか。母父ミスプロ系との配合が目立つ点も気になるところ。

キングマンボ保持馬

 15年16年でパーフェクト連対。

更に遡ると、

2011年③着エイシンフラッシュ

2012年②着ルーラーシップが好走しています。

梅雨の影響、阪神開催8日目であることなどの時期的要因によって荒れた馬場でのレースが予想されます。それに適しているのが欧州的スタミナ・パワー要素を持つこの血統です。更に視野を広げれば、ミスワキ/マキャベリアンなども含めて欧州ミスプロが合うという見方もできるかと思います。

ステイゴールド産駒

過去5年で13年14年とゴールドシップが連覇。

注目したいのは単勝期待値の高さです。

2014年①着ゴールドシップ

2013年①着ゴールドシップ

2012年①着オルフェーヴル

2010年①着ナカヤマフェスタ

2009年①着ドリームジャーニー

過去10年で馬券に絡んだ場合は①着のみ。グランプリレースが開催される中山阪神の中長距離重賞に適性を見せるこの血統の好走も想像に難くありません。その殆どがメジロマックイーンとの所謂黄金配合というのが気になりますが、一発に注意したいところです。

2018年該当馬

今年の該当馬は以下の7頭です。

(五十音順)

・キセキ(ルーラーシップ×ディープインパクト)←キングマンボ保持

サトノクラウン(Marju×Rossini)←欧ミスプロ保持/前年優勝

スマートレイアー(ディープインパクト×ホワイトマズル)←ディープ牝馬

・ダンビュライト(ルーラーシップ×サンデーサイレンス)←キングマンボ保持

・パフォーマプロミス(ステイゴールド×タニノギムレット)←ステゴ産駒

・ミッキーロケット(キングカメハメハ×Pivotal)←キングマンボ保持

ヴィブロス(ディープインパクト×マキャベリアン)←ディープ牝馬/欧ミスプロ保持

注目馬

個人的注目馬はキセキ

週中から当日にかけて雨が予報される今回は、馬場適性が例年以上に重要になってくると考えられます。キセキは昨年極悪馬場で行われた菊花賞を優勝したように、道悪適性は証明済み。近走は海外遠征の影響からか大きく着順を落としていますが、それで人気を落とすならここが狙い目です。鞍上にミルコを確保した辺りからも勝負気配が窺えます。

大穴を狙うならスマートレイアー

前走天皇賞では⑫人気ながら上がり2位の末脚でコンマ6秒差まで迫る激走を見せました。16年東京新聞杯17年京都大賞典を制しているように混合重賞での実績もあります。8歳馬且つ春3戦目ということで大きな上積みは見込めませんが、人気薄のディープ牝馬という血統から連続しての激走があっても驚けません。いや、やっぱ流石に驚く。

枠順確定後追記(6/21)

もはや人気に逆らう必要はないでしょう。

◎⑯キセキ

単勝一点で勝負します。頼むぞミルコ。

まとめ

 その他8枠馬が5連覇中など、枠順にも注意が必要です。よろしければ馬券検討の参考にして下さい。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

また次回も読んで頂ければ幸いです。それでは。