快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2019ダービー卿CTを考えた

平素よりお世話になっております。

竹龍(@BD_SunnyBrian)です。

 

今週の考察本編はコチラ☟

bamboodragon.hatenablog.com

 

~お知らせ~

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

ダービー卿CT

展開

ペースメーカーはマルターズアポジー。昨年同様中盤緩まないタフな流れで予想を組み立てる。

◎⑥ヒーズインラブ

(本編再掲)父ハービンジャーDanzig保持・Nijinsky内包・Roberto内包、母父IncludeでNijinsky内包。半兄にサンデーウィザード(父ネオユニヴァース)。母系にNijinskyを持つハービンジャー好配合。ハービンジャーらしいナタの切れ味よりも牝系譲りの機動力に優れた小回りベストなタイプ。

昨年1着でレース適性は証明済。以降中々結果が出ないが、マイルCSコンマ4秒差など着順ほど負けてはいない。今週で帰国する鞍上の土産代わりの重賞初制覇に期待。

〇①フィアーノロマーノ

父Fastnet RockでDanzig保持・Nijinsky内包。母Heart Ashleyは米G3馬。二代母Pretty'n Smartのヴァイスリーガル=Vice Regent3×2(全兄弟)に加えて、ロイヤルアカデミーⅡ≒Storm Cat3×4(同一牝系・NijinskyStorm BirdSpy Songが共通)とパワー血統を重ねた配合。中山マイルは1戦1勝で、実績からも平坦苦手の急坂巧者。初重賞の18年京王杯SC(当時本命)では見せ場が無かったが、この舞台で改めて評価したい。

▲②ジョーストリクトリ

ジョーカプチーノNijinsky内包。Halo4×4で機動力を増した配合。同条件は2戦2勝(どちらも12人気)と隠れ中山マイルの鬼。母父キングヘイローに鞍上善臣で追悼ブーストが続けば或いは…。

 

※その他上位評価馬は☟リンクから「今週の重賞ブロガー予想印」にて公開中。


最強競馬ブログランキングへ

買目

 ワイドBOX:①②⑥

反省会

ダービー卿CT

着順

 1着 〇②フィアーノロマーノ(2人気)

 2着 無⑫プリモシーン(3人気)

 3着 ★⑬マイスタイル(7人気)

ラップタイム

 12.1-10.8-11.0-11.2-11.4-11.4-11.6-12.2

血統所感

上位3頭は全て血統ポイント該当馬。特に1,2着はFastnet Rock保持馬であり、Danzig(さらに言うならDanehill)にもっと重点を置くべきだったと反省です…。

展開所感

マルターズアポジーが引っ張る予想通りのハイペース。フィアーノロマーノについては前傾ラップでの実績も多く、マイスタイルは言わずもがな。予想外だったのはプリモシーンの好走ですが、フェアリーSを勝っているように一応コース実績はあるんですよね…。とにかく毎回不利を受ける馬で、今回は外枠で詰まらなかったのが好走の要因でしょう。単純なコース相性で言えば大箱向きに思えますし、ヴィクトリアマイルに出てくるのであれば(引き続き外枠なら)評価したいと思います。本命ヒーズインラブは出遅れた時点で終了。特に言うことはありません。

にしてもフィアーノロマーノ流石に人気しすぎじゃないですかね…最近は謎人気してる馬って結構来るような気がしますが、競馬ファンの予想精度が上がっているんでしょうか…。