快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2019阪神大賞典・スプリングSを考えた

平素よりお世話になっております。

竹龍(@BD_SunnyBrian)です。

 

今週の考察本編はコチラ☟

bamboodragon.hatenablog.com

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

阪神大賞典

展開

ペースメーカー候補はヴォージュ。後続2頭(サイモンラムセス・ステイインシアトル)の出方にもよるが一団の競馬にはならないだろう。

◎⑧ヴォージュ

(本編再掲)父ナカヤマフェスタノーザンテーストDanzig内包。サンデーサイレンス3×4・His Majesty=Graustark4×5(全兄弟クロス)で、ストライドの伸びとパワーを増幅した配合。

ステイヤーズSに続いての本命。前走は展開に恵まれたとはいえ、ダイヤモンドS楽勝のユーキャンスマイルに勝利。今回も強気な競馬が出来ればチャンスは充分ある。

〇⑨アドマイヤエイカン

ハーツクライトニービン内包。ラスティックベル牝系(フサイチエアデールフサイチリシャール等)。前目に付けて3角から捲ったステイヤーズSの競馬が理想。「長距離は騎手で買え」ということで乗り替わりもプラス。

▲⑩シャケトラ

血統ポイントに該当しない。本質的には中距離馬であり正直あまり買いたくはないのだが、過去10年複勝圏を外した1人気は長欠明けのオウケンブルースリ(7着)のみと人気馬が順当に走りやすいレース。前走は人気薄での勝利ではあったが実績を考えればフロックではなく、このメンバーなら単純に地力上位として印を回したい。

★②リッジマン

血統ポイントに該当しない。前走有馬記念は流石に厳しかったが、2600㍍以上であれば4-3-0-1と崩れない。このメンバー・この距離なら地力上位。

 

※その他上位評価馬は☟リンクから「今週の重賞ブロガー予想印」で確認できます。


最強競馬ブログランキングへ

買目

 3連複BOX:②⑧⑨⑩

スプリングS

展開

ペースメーカー候補はコスモカレンドゥラ・ヒシイグアス。どちらが逃げるにせよ極端なペースは考えづらく、例年通りの展開で予想を組み立てる。

◎②クリノガウディー

(本編再掲)父スクリーンヒーローでRoberto保持・ノーザンテースト内包、母父ディアブロBold Ruler内包。Halo4×4・ノーザンテースト4×5で、機動力を活かして中距離内回りを捲る配合。

グァンチャーレと同配合ということを考えると距離延長が絶対にプラスとは言えないが、中山替わりは確実にプラス。内目偶数枠を引いて展開利も見込める。想定より人気が無いのも良い。

〇⑮ロジャーバローズ

三代母父JuniusでBold Ruler内包。Cal Norma's Lady牝系(ドナウブルージェンティルドンナ等)で、その2頭とは7/8同血の関係。Lyphard4×4を持つディープで、前付けして味のある配合。初重賞になるが大崩れは考えづらい。

▲⑦リーガルメイン

ハービンジャー・二代母父ブライアンズタイムでRoberto内包。Pacific Princess牝系(ナリタブライアンキズナ等)で二代母はファレノプシス。Roberto6×4・Nijinsky6×4・His Majesty=Graustark5×5(全兄弟)で中距離内回りを捲る馬力型の配合。前走本命を打ったが、出遅れ上がり最速5着。スタートさえまともなら。

★⑪リバーシブルレーン

二代母父Silver HawkでRoberto内包・三代母父ChieftainでBold Ruler内包。シルバーレーン牝系(ブラックホークピンクカメオ等)出身で、半兄にステイフーリッシュ(父ステイゴールド)。牝系譲りのパワー型で新馬勝ちの中山に戻るのはプラス。高木登厩舎×鞍上大野のコンビも良い。馬格が無いのがネックなので3ヶ月半の休養で450㌔台まで乗せることが出来れば、兄のように穴で一発に期待できる。

 

※その他上位評価馬は☟リンクから「今週の重賞ブロガー予想印」で確認できます。


最強競馬ブログランキングへ

買目

 馬連BOX:②⑦⑮ ワイド:⑪-②⑦⑮

反省会

阪神大賞典

着順

 1着 ▲⑩シャケトラ(1人気)

 2着 無⑦カフジプリンス(6人気)

 3着 無⑩ロードヴァンドール(10人気)

ラップタイム

 12.7-10.8-11.4-12.1-12.3-12.9-12.0-13.0-12.7-13.0-13.0-12.6-12.5-12.1-13.4

血統所感

人気薄の2,3着は血統ポイント該当馬。

展開所感

ロードヴァンドールが逃げる前傾ラップ。そのポジションにヴォージュがいて欲しかった…。前半1000㍍通過59秒前半は例年の傾向からは考えられないハイペース(-5.1)になりました。結果としてはシャケトラが地力の違いで捻じ伏せ、カフジが3角から追い通しのスタミナの違いで2着、ロードがノリさんの好騎乗で3着、といった印象です。春天の検討対象に入れるのはシャケトラだけで良さそうですね。

スプリングS

着順

 1着 無⑨エメラルファイト(10人気)

 2着 無①ファンタジスト(1人気)

 3着 無⑩ディキシーナイト(7人気)

ラップタイム

 12.6-11.4-11.8-12.1-12.1-12.1-12.0-11.6-12.1

血統所感

1~3着まで血統ポイント該当馬。何故当たらない…。

展開所感

クリノガウディーが逃げる平坦ラップ。形態自体は予想通りだったけど逃げ馬が違うよ…。1,3着馬は無印とはいえ個人的な評価は低くなかったのですが、ファンタジストの2着には驚きました。近走から考えると後ろ過ぎる位の位置で完璧に折り合い、直線で馬場の良いところに出して追い込む豊さんの好騎乗。カナロア産駒の気性の良さ・操縦性の高さは本当に凄いですね…。ただ、これで勝ち切れない辺りやはり距離の壁はあるように思います。本番でも人気するようならあまり買いたくはないですね。