快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2019ファルコンS・フラワーCを考えた

平素よりお世話になっております。

竹龍(@BD_SunnyBrian)です。

 

今週の考察本編はコチラ☟

bamboodragon.hatenablog.com

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

ファルコンS

展開

ペースメーカー候補はスタークォーツ・イッツクール。テンからある程度流れる例年通りの展開になるだろう。

◎⑬グルーヴィット

(本編再掲)18-19POG馬。父ロードカナロアでMan o'War内包、三代母父トニービンGrey Sovereign内包。エアグルーヴ牝系(ルーラーシップドゥラメンテ等)。キンカメ系とこの牝系はHornbeam≒パロクサイド(HyperionNasrullah・Vatout・Plucky Liegeが共通)のニアリークロスを重ねる好配合で、長い直線でナタの切れ味を発揮する。

ダートで2連勝しているが、芝を走っていても違和感無い血統。2年連続で前走ダート組が馬券に絡んでいるのも追い風。

〇⑤ジャカランダシティ

母父アグネスタキオンでMan o'War内包。二代母ムーンライトダンスは愛G3馬。チューリップ賞2着シゲルピンクダイヤの近親にあたる。昨年の1,2着をはじめ父Storm Bird系は過去10年で6頭連対と好相性。前走+22㌔からの上積みが見込め、このメンバーなら一発あっても。

▲⑦シングルアップ

キンシャサノキセキでMan o'War内包。コランディア牝系(リトルアマポーラエピカリス等)。キンシャサ×クロフネフジキセキ系×Deputy Minister系)のカネヒキリに代表される好配合にHis Majesty4×5も加わったパワースプリンター。前走+17㌔からの上積みも見込める。

★⑥ジャパンスウェプト

母父フジキセキでMan o'War内包。ビューパーダンス牝系(ハーツクライノンコノユメ等)。スウェプト×フジキセキパドトロワと同じ配合。こちらもダート2連勝からの参戦。馬格の無さ・父の晩成傾向・距離延長とマイナス要素は多いが、人気薄なら押さえておきたい。

 

※その他上位評価馬は☟リンクから「今週の重賞ブロガー予想印」で確認できます。


最強競馬ブログランキングへ

買目

 ワイドBOX:⑤⑥⑦⑬

フラワーC

展開

ペースメーカー候補はエールヴォア・コントラチェック・ジョディ―。人気馬が前に固まり、例年以上にタフな展開になることが予想される。

レッドベルディエス回避で興を削がれたが…

◎④コントラチェック

(本編再掲)母父HallingでNijinsky内包。母リッチダンサーは11年1着バウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)・ムーンクエイク(父アドマイヤムーン)等、異なる父で重賞馬を複数輩出する名牝。ディープインパクト×Hallingで主流血統×欧州型の馬力を持つ配合。

内目偶数枠と理想的な引きが出来た。乗り替わりはやや不安だが、このメンバーなら負けられない。恐らく桜花賞路線は無いと思うのでココを勝ってオークスに弾みを付けたい。

〇③エフティイーリス

ルーラーシップNijinskyGrey Sovereign内包。母は07年新潟2歳S1着・08年桜花賞オークス2着のエフティマイアノーザンテースト4×4で中山向きの機動力の高さを持つ配合。前走はスタートで後手を踏んだ分、4角で外々回して届かずの4着。まともに出れば巻き返しは充分可能。1ハロン延長でコーナー4つの競馬になるのも歓迎。

 

※その他上位評価馬は☟リンクから「今週の重賞ブロガー予想印」で確認できます。


最強競馬ブログランキングへ

買目

 馬連:③-④ ワイド:③-④

反省会

ファルコンS

着順

 1着 無⑮ハッピーアワー(4人気)

 2着 ◎⑬グルーヴィット(3人気)

 3着 無④ローゼンクリーガー(2人気)

ラップタイム

 12.0-10.8-11.4-11.7-11.5-11.6-11.9

血統所感

 2,3着は血統ポイント該当馬。昨年に続きStorm Bird保持・内包馬のワンツーということで、来年以降は最重要血統として取り上げようと思います。勝ち馬ハッピーアワーはハービンジャー×ディープという字面は中距離馬のような配合ですが、マイル重賞で勝ち切れずこの距離での勝利。京成杯の反省会でも少し触れたように「母父ディープ」は柔らかさをあまり伝えずBurghclere的な馬力を伝える方向に働いているように思えます。

展開所感

前掛かりで11秒台の並ぶ前傾ラップ。イッツクールの出遅れ以外は概ね予想通りの展開なので特に言うことはありません。どっちみち馬券的には外れが確定していた訳ですが、POG的にはグルーヴィットに勝ち切って欲しかった…。芝適性の見立ては間違っていなかったので、NHKマイルでも重い印を打ちたいと思います。

フラワーC

着順

 1着 ◎④コントラチェック(2人気)

 2着 無⑦エールヴォア(1人気)

 3着 無⑩ランブリングアレー(5人気)

ラップタイム

 12.7-11.9-12.0-12.1-11.8-12.0-11.8-11.2-11.9

血統所感

1,2着は血統ポイント該当馬。3年連続ディープ産駒の勝利となりました。

展開所感

ジョディ―・エールヴォアが控えたので、例年通り緩めの後傾ラップ。結果的にはコントラチェックが上がり34.9でまとめる一人旅になりました。このメンバーでは地力が違いましたね。オークスでも楽しみです。

 

本命がちゃんと走っているのに馬券が取れないという嫌な流れが続いてしまっているのがなんとも…。