快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯2019チューリップ賞・オーシャンSを考えた

平素よりお世話になっております。

竹龍(@BD_SunnyBrian)です。

 

今週の考察本編はコチラ☟

bamboodragon.hatenablog.com

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

チューリップ賞

展開

ペースメーカー候補はオーパキャマラード・メイショウショウブ。どちらにせよ極端なハイペースは考えにくく、例年通りの上がり勝負濃厚。

◎⑥シェーングランツ

(考察本編再掲)父ディープインパクト。遡ると独ダービー馬Schwarzgoldに辿り着くドイツの名牝系(ブエナビスタマンハッタンカフェと共通)。母スタセリタ仏オークス含むG1六勝。半姉ソウルスターリングは17年1着。ディープ×MonsunはHypericum≒Aureole6×6によってディープの牝系を増幅する配合。まだ完成に時間はかかりそうだが、休養期間3ヶ月の成長次第では今回で逆転も充分見込める好素材。

先日のクイーンCの結果を考えると現クラシック世代の阪神JF上位組は他路線と比較しても抜けて強い。前走は直線馬群を捌くのに手間取り4着となったが、それでも上がり3位であり上位3頭との差は展開次第で縮まっていい。血統的にもマイルは短く最大目標はオークスになるが、ダノンが最内を引いた今回は逆転の目も充分ある。

〇①ダノンファンタジー

ディープインパクト。母ライフフォーセールは亜G1二勝。Sir Gaylord6×6×7に母系米国血統を合わせて、大箱マイルをストライドで走る配合。上でも述べたが阪神JF上位組は抜けて強い。1枠1番でやや評価を下げたが連対を外すことは考えにくい。

▲⑬シゲルピンクダイヤ

ダイワメジャー×High ChaparralでSS×ND。二代母ムーンライトダンスは愛G3馬。母父・二代母父からDonatelloとHyperionを(薄くだが)引き、ノーザンテーストの配合のキモであるPretty Polly~Lady Angelaの牝系を増幅する配合。加えて母のMill Reef5×5で牝馬らしいキレも備える。新馬戦・未勝利戦ともに内で包まれながら、最後の伸びは中々見所があった。末脚だけならこのメンバーでも見劣らず、一気の相手強化でも楽しみな一頭。シゲル最高傑作では?

★⑦ノーブルスコア

ディープインパクト×Dylan ThomasでSS×ND。二代母Holy Moonは産駒に重賞馬5頭・G1馬3頭を持つ名牝で、母ファイナルスコアは伊G1馬。ディープ×Danehill系に二代母のNijinsky3×3・Buckpasser5×5を合わせて、パワー型のマイラー配合。紅梅S3着時の前後の馬を物差しに考えると阪神JF6~8着程度の実力。過信は出来ないがこのメンバーなら3着争いの筆頭か。

人気馬を斬る

 上位人気馬全て購入予定。

買目

 3連単:①⑥→①⑥→⑦⑬、①→⑬→⑥

オーシャンS

展開

ペースメーカー候補はモズスーパーフレア・イエローマリンバ・ショウナンアンセム。3頭ともそれなりに主張するタイプなので、例年通りハイペースのバテ合い勝負と見て良いだろう。

◎⑭モズスーパーフレア

血統ポイントには該当しない。Bold Ruler5×6×5×5の機動力に加えて、SSを一切持たず米国馬力血統で固められた純スプリンターな配合。収得賞金3600万と宮記念出走に向けて確実に賞金を加算したい身であり、ここでの仕上げは万全。ただOPでも格下相手に先着されるような取り溢しの多いタイプであり、勝ち切るかは微妙なところ。あくまで連軸としての本命。

〇⑫ナックビーナス

ダイワメジャーノーザンテースト内包。母レディトゥプリーズがHalo3×4・Northern Dancer4×4・Mr. Prospector=Search for Gold4×4・Naskra4×4のドギツい米血クロスを持ち、更にHaloを重ねることで機動力を増したパワースプリンターな配合。一昨年・昨年2着でレース適性は証明済。前走カーバンクルSでは58㌔を背負いながら53㌔のモズスーパーフレアとコンマ2秒差2着。別定戦で2頭とも54㌔の今回は単純計算でコンマ8秒先着出来ることになる(当然そんなことは無いが)。単勝で狙うならコチラか。

▲⑩ナインテイルズ

ローエングリンNever Bend内包・母父メジロライアンノーザンテースト保持。目立つクロス等は無いが、SSを一切持たないスプリンター配合。前走は予想通り内で包まれて見せ場が無かったが、中枠である程度スムーズな競馬が出来る今回は2,3走前程度のパフォーマンスに期待できる。中山コースは条件時代0-0-0-2だが、2戦とも人気以上には走っており、そもそも父ローエングリンの時点で中山適性があるはず。新規開業長谷川厩舎と鞍上石橋の同期コンビで一発に期待。

△⑤ダイメイプリンセス
△⑥ダイメイフジ
△⑪ラブカンプー
△⑬キングハート

 昨年1,3着馬とその妹・姉を押さえる。週中時点ではラブカンプー本命の予定だったが、まだ本調子には戻っていない様子。賞金的にも余裕が無い訳ではないので今回は押さえまでに止めたい。

人気馬を斬る

 上位人気馬全て購入予定。

買目

  3連複:⑭-⑫-⑤⑥⑩⑪⑬

反省会

チューリップ賞

着順

 1着 〇①ダノンファンタジー(1人気)

 2着 ▲⑬シゲルピンクダイヤ(4人気)

 3着 ★⑦ノーブルスコア(7人気)

ラップタイム

 12.7-11.1-11.7-12.3-12.1-11.3-11.0-11.9

血統所感

1~3着まで血統ポイント該当。本命以外完璧な予想なんですけどね…。

展開所感

例年通りスローからの上がり勝負。本命以外完璧な予想なんですけどね…(念押し)。

 

にしてもダノンの直線ドン詰まりからの捌き方は恐ろしいですね…。普通あんなの抜けてこれないでしょ…桜花賞の本命はコレで仕方ない。2着シゲルは上でも褒めちぎったように血統背景的には大箱マイルのキレ勝負がドンピシャ。桜花賞は勿論のこと将来的にはヴィクトリアマイルなんかでも楽しみです。やっぱりシゲル最高傑作ですよこれは。本命5着のシェーングランツは、ここで着を拾えないようでは桜花賞での逆転は厳しそうです…。上でも述べたように本当に完成するのはもっと先でしょうし、オークスまでにどこまで成長できるかですね。

🎯オーシャンS

着順

 1着 ◎⑭モズスーパーフレア(1人気)

 2着 〇⑫ナックビーナス(2人気)

 3着 △⑥ダイメイフジ(7人気)

ラップタイム

 11.4-10.1-10.8-11.4-11.4-12.0

血統所感

2,3着は血統ポイント該当。昨年と着順も同じと完全にリピーターレースでしたね。1着は非SSであり、いい血統予想が出来たと思います(自画自賛)。

展開所感

モズスーパーフレアの超ハイペース単騎逃げに。ナックビーナスがやや離れた2番手に付けたのは嬉しい誤算でしたね。

 

本命1着のモズスーパーフレア新馬の頃から注目していた馬なので、遂に重賞勝ったかと思うと感慨深いものがあるようなないような…。なんにせよ今回のような走りが出来るのであれば本番も楽しみな一頭です。本命を打つかは別として、印は回したいと思います。シンガリ負けのラブカンプーについても少し触れると、元々馬格が無い上に-10㌔と戦前から流石に厳しいことが見えていました。宮記念に向かうにしても流石に重視は出来ませんね…。この馬に関しては夏を待ちたいと思います。