快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯2019京都記念・共同通信杯を考えた

平素よりお世話になっております。

竹龍(@BD_SunnyBrian)です。

 

今週の考察本編はコチラ☟

bamboodragon.hatenablog.com

 

現在「競馬最強の法則」監修『最強競馬ブログランキング』に参加しています。

応援(☟下記バナークリック)宜しくお願い致します。


最強競馬ブログランキングへ

京都記念

◎⑩ステイフーリッシュ

血統については考察本編参照。非根幹距離適性・近走の充実度を考えると人気でも逆らえない。久々の勝利はまた京都2200㍍で。

〇⑪タイムフライヤー

血統については考察本編参照。高速馬場では分が悪く、今の時計の掛かる馬場は相対的にプラス。適性や戦法がステイフーリッシュに近く、一方を評価するならもう一方もそれ相応の評価が必要だろう。

▲⑦パフォーマプロミス

母父タニノギムレットでRoberto系保持。有馬記念で本命を打ち、実際レースを見て思ったのは「それほど中山適性は無い」ということ。改めてレースを見返すと、ステゴ×Robertoらしい重厚感のある機動力よりも、タニノギムレットらしいのキレの方が強く出ているタイプにも見える。となると京都外回りは良いが、時計の掛かる馬場への適性が不安。非根幹距離適性を考えて一応印は回したが、意外と捉えどころのないタイプ。今回で適性を見極めたい。

△②ノーブルマー

母父Silver HawkでRoberto系保持。前走日経新春杯組の過去10年連対率0%で評価を下げたが、痛恨の好枠。地力上位・宝塚記念で距離実績もあり、切るに切れなくなった。

人気馬を斬る

マカヒキ

想定3人気。ディープ産駒で好走血統には当て嵌まるが、18年1人気レイデオロ3着・15年1人気ハープスター5着、2人気キズナ3着・14年1人気ジェンティルドンナ6着など、基本的には東京クラシックディスタンスで強い馬を高く評価してはいけないレース。自身も17年1人気3着と人気を裏切っており、二度目の今回でパフォーマンスを上げるというのも考えづらい。

買目

 馬連 ⑩-⑪ 3連複 ⑩-②⑦⑪

共同通信杯

当初はシュヴァルツリーゼ本命予定も、まさかの熱発回避…。

◎①ダノンキングリー

血統については考察本編参照。距離延長は問題ないが、東京替わりはやや疑問。ただ、ひいらぎ賞のパフォーマンスを見るとここも能力で押し切る可能性は充分。個人的には皐月賞で楽しみな1頭であり、ここで賞金を積んでおきたいところ。

〇⑥クラージュゲリエ

血統については考察本編参照。1800㍍はやや短く、東京の長い直線では誰かにキレ負けするというイメージが拭い切れない。ただ、3着内のどこかにいるという意味での安定感で言えばメンバー随一。大崩れは考えづらい。

▲④アドマイヤマーズ

二代母父SingspielでSadler's Wells内包。4戦4勝で当然人気して然るべき存在。懸念点は最近の朝日杯の立ち位置。ホープフルSのG1格上げによって、朝日杯は『2歳王者決定戦』から『2歳マイル王者決定戦』に変わったように感じる。特に昨年は、サートゥルナーリアを始め中距離志向有力馬の多くはホープフルSに集まった。この背景を踏まえ、血統的にも実績的にもマイルがベストであることを考えると、今回のメンバー相手に断然の1人気は危険と見る。とは言え、買わなかったら買わなかったで「これが友道クオリティ…!」と悔しがる姿が想像できてしまう…ということで2着付けの馬単で押さえる。勝たれたら仕方ない。

 

以下は本命を打ったデイリー杯2歳S(1着)反省会からの引用。

本命アドマイヤマーズは(略)血統的にクラシックでは手を出しづらいですが、朝日杯なら充分勝負になるはずです。個人的にはNHKマイルで期待の一頭と見ています。

★⑤フォッサマグナ

好走血統には該当しない。母River BelleはミシズリヴィアS(チャーチルダウンズ芝1700㍍・G2)など重賞2勝。Lara's Star≒Femme Favor3×3(どちらもForli×Round Table)にRivermanを加え、ストライドで柔らかくキレる配合。とはいえWar Frontは基本的には短距離志向が強い種牡馬であり、新馬戦1400㍍からいきなり2ハロンの延長に対応できるかは何とも言えない。こちらもNHKマイルで買いたいタイプ。

 

f:id:kago26:20190209141512p:plain

人気馬を斬る

 今回は上位馬全て購入予定。

買目

 馬単 ①→④⑤⑥(オッズに余裕があれば①⑥→①④⑤⑥

反省会

京都記念

着順

 1着 無⑧ダンビュライト(6人気)

 2着 ◎⑩ステイフーリッシュ(1人気)

 3着 無⑫マカヒキ(2人気)

ラップタイム

 12.9-11.2-13.1-13.1-13.0-12.2-12.2-12.0-11.9-11.1-12.1

血統所感

1~3着まで全て好走血統保持内包馬。それなのになぜ外しているのか…。

展開所感

前半1000㍍1.03.3、前後半差+4.0の緩い流れ。勝ち馬ダンビュライトは近2走で中々自分の競馬が出来ず凡走が続いていましたが、少頭数且つ前目でマイペースの競馬に徹することで見事復活。自厩舎で普段から乗り慣れた鞍上への乗り替わりもプラスになったのでしょう。ここで評価出来なかったのは痛い…。因みに18年オールカマー反省会でこんなことを言っていました。やっぱり相性悪い。

因みに本馬は菊花賞で本命を打っており、複勝で勝負したら5着。今回は単勝で勝負したら3着と、兎に角僕と馬券相性の悪い馬であることが判明しました。好きな馬なんだけどなぁ。

🎯共同通信杯

着順

 1着 ◎①ダノンキングリー(3人気)

 2着 ▲④アドマイヤマーズ(1人気)

 3着 〇⑥クラージュゲリエ(4人気)

ラップタイム

 13.1-11.7-12.3-12.4-12.0-12.0-11.2-11.0-11.1

血統所感

1~3着まで全て好走血統保持内包馬。東京重賞のディープ大好き!

展開所感

全体上がり33.3からも分かるように、どスローからの直線勝負。アドマイヤマーズは瞬発力比べでは分が悪く距離もやはり長い印象。それでも3着には4馬身差と地力の高さを証明しましたが、現状クラシックで積極的に買いたくはないですね…。逆にダノンキングリーは追い出してから一気の加速で想像以上の強い勝ち方。今まではピッチの速さだけに注目していましたが、よく見ればストライドの伸びも兼ね備えており、皐月賞に限らず先々でも楽しみになりました。