快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

🎯🎯2018富士S/菊花賞を血統から考える

平素よりお世話になっております。

初めて三冠馬が誕生する瞬間を現地観戦し、貴重な体験が出来て良かったなぁ…と思っております。まぁ馬券は外れたんですが。

何気に二週連続重賞的中していたのでそれが途切れてしまったのは残念ですが、気持ちを新たに今週も頑張っていこうと思います。

富士S

コース:東京芝1600㍍

条件:3歳上

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181012030941p:plain

ディープインパクト

16年3着②人気 ダノンプラチナ

15年1着④人気 ダノンプラチナ

15年2着①人気 サトノアラジン

14年1着②人気 ステファノス

13年1着①人気 ダノンシャーク

13年2着⑨人気 リアルインパクト

 

東京マイル重賞に強い血統。

父大系統ノーザンダンサー

16年1着③人気 ヤングマンパワー

15年3着③人気 ロゴタイプ

14年2着⑫人気 シャイニープリンス

13年3着⑭人気 シャイニープリンス

キングカメハメハ

17年1着①人気 エアスピネル

17年3着⑪人気 クルーガー

 

昨年のように雨でタフな馬場になるなら。

注目馬

リピーターが多く、コース実績が重要。週中に多少の雨はあるようだが、良馬場想定で良いだろう。

ジャンダルム

Kitten’s Joy父大系統ノーザンダンサー。クラシック2戦では結果が出ず、この路線に。母ビリーヴは1200㍍10勝の名スプリンター、Kitten’s Joy産駒の勝鞍はマイル前後に集中しており、適性距離は1200~1600㍍だと推測できる。あとは東京コースへの適性がどう出るか。

レッドアヴァンセ

ディープインパクト。東京マイルは1-0-1-0でコース適性は抜群。先行して速い上がりを使えるタイプなので展開も不問。後述のワントゥワンとは5戦(17年パールS/朱雀S/ユートピアS、18年阪神牝馬S/ヴィクトリアM)して全て先着しており、既に勝負付けは済んでいると考えた方が良いかもしれない。初の牡牝混合重賞で実力を発揮できるかが鍵。

ワントゥワン

ディープインパクト。デビュー以来上がり3位を外したことが無く、末脚は確実。サマーマイルシリーズ2着2回と充実度も高い。東京マイルが0-0-0-2である点は不安だが、後方一気が通用するレースであり、鞍上も怖いところ。

本命馬

◎⑭レッドアヴァンセ(ディープインパクト×ダンシングブレーヴ)

エリモピクシーの血統は、12年1着クラレント(父ダンスインザダーク)・14年3着レッドアリオン(父アグネスタキオン)がおり相性抜群。アポジー・ガニオンの逃げ馬2頭も衰えが見え、そこまでハイペースにもならないだろう。好位に付けることさえ出来れば、久々でも大崩れは考えづらい。

菊花賞

コース:京都芝3000㍍

条件:3歳

過去好走馬血統表

f:id:kago26:20181012033300p:plain

ディープインパクト

17年1着①人気 キセキ

17年3着⑬人気 ポポカテペトル

16年1着①人気 サトノダイヤモンド

15年2着②人気 リアルスティール

13年2着⑤人気 サトノノブレス

 

クラシック血統。

Tサンデー系

16年2着⑨人気 レインボーライン

15年3着①人気 リアファル

14年1着③人気 トーホウジャッカル

13年1着①人気 エピファネイア

 

長距離適性の高い血統。

ボールドルーラー

15年1着⑤人気 キタサンブラック

14年2着④人気 サウンズオブアース

13年1着①人気 エピファネイア

13年2着⑤人気 サトノノブレス

 

持続力に優れた血統。

ロベルト系

17年2着⑩人気 クリンチャー

14年3着⑦人気 ゴールドアクター

13年1着①人気 エピファネイア

 

持続力に優れた血統。特に不良馬場での良績が目立つ。

注目馬

過去10年で1,2枠が連対率25%と好調。コーナーを6回周る長丁場なだけに、内で脚を溜める競馬が望ましい。

ジェネラーレウーノ

スクリーンヒーローロベルト保持。中山重賞勝利⇒皐月賞3着⇒ダービー大敗⇒セントライト記念1着というローテは15年菊花賞キタサンブラックを彷彿させる。栗東滞在調整で輸送の不安もない。中山適性が高過ぎる為、高速馬場では分が悪いだろう。血統的にも実績的にも一雨欲しいところ

フィエールマン

ディープインパクト。母父ニジンスキー系もスペシャルウィーク(サンデーサイレンス×マルゼンスキー)、ダンスインザダーク(サンデーサイレンス×Nijinsky)の血が好走しており好相性。前走ラジオNIKKEI賞では小回りコースで差し届かなかったが、広い京都外回りに変わることで条件は上向く。初の関西遠征がどう出るか、休養明けでいきなりから動けるかを見極めたい。

メイショウテッコン

マンハッタンカフェTサンデー保持。母父Lemon Drop Kid(Kingmambo×Seattle Slew)でボールドルーラー内包。前走神戸新聞杯で、春の実績組と小差の競馬が出来たのは大きい。今回は同型が多い為、楽逃げ出来ない中でどれだけのパフォーマンスを発揮できるかが鍵。

本命馬

◎⑦ユーキャンスマイル(キングカメハメハ×ダンスインザダーク)

過去血統傾向には該当しないが、キングマンボ系は17年1着キセキ/16年⑥人気3着エアスピネル/15年3着リアファルらを輩出。母父ダンスインザダークは96年菊花賞馬且つ、父として02年⑯人気2着ファストタテヤマ/03年1着ザッツザプレンティ/04年⑧人気1着デルタブルース/09年⑧人気1着スリーロールス/09年⑦人気2着フォゲッタブルを輩出した正に菊花賞の申し子。前走阿賀野川特別勝利/金子オーナー/友道厩舎は17年⑬人気3着ポポカテペトルと同じ。そして何より鞍上は淀長距離の鬼・武豊。内目枠を引き先行馬も近いので、楽にインの5,6番手を取ることが出来そう。当然狙わざるを得ない。オッズ次第では、昨シーズンPOG馬の④ジェネラーレウーノ、前走から上昇が見込める②グレイルの内偶数枠2頭と組み合わせたワイドも検討したい。

反省会

富士S

◎⑭レッドアヴァンセ 3着/⑤人気

 

2着ワントゥワン、3着レッドアヴァンセディープインパクト産駒。やはり東京マイル重賞に於いての最重要血統であることに間違いありません。1着ロジクライは毎度のことながらマイラーらしさの無い血統でよく走りますね…

 

本命のレッドアヴァンセは、スムーズに好位に付け外目で前を見ながらの競馬。例年よりも早いペースの中でも無理せずに運ぶことが出来ました。最後は決め手の差でワントゥワンに遂に逆転されてしまいましたが、3着は確保。戦前から不安視されていた馬体重のことを考えれば、次走は更にパフォーマンスを上げることが期待できます。2200㍍のエリ女はやや長い気がしますし、今回牡馬相手でもやれることを証明したので、是非マイルCSに出てきてほしい一頭です。

菊花賞

◎⑦ユーキャンスマイル 3着/⑩人気

 

1着フィエールマンはディープインパクト産駒。2着エタリオウは父ステイゴールド、3着ユーキャンスマイルは母父ダンスインザダークTサンデー保持ディープインパクトキングマンの血が4年連続で馬券に絡んでいることを考えると『近年の菊花賞では長距離適性よりもクラシック適性が問われている』ということが分かるかと思います。1,3着馬については注目馬・本命馬でそれぞれ述べたように、ステイヤーであるという血統的裏付けはありました。ただ今回のラップタイムを見ると『どスローからのラスト2ハロン上がり勝負』。これで結果を出したところで純粋なステイヤーだとは考えづらいのが事実です。

 

本命のユーキャンスマイルは、終始中団インコースで折り合いに専念。4角で外目に持ち出すと、隙間を縫って直線いい伸びを見せてくれました。やっぱり武豊なんだよなぁ!エタリオウも含め友道厩舎の長距離馬造りには感服しました。上述の通り本来の適性距離等については計りかねますが、素質の高さは証明できたかと思います。

 

個人的には、京都大賞典で学んだ『長丁場では騎手の腕が最重要』という教訓を活かすことができたのが今回の収穫でしょうか。競馬を始めて以来毎年続けていることではありますが、来年も菊花賞は豊さんの複勝を買うことになるかと思います。

 

京都大賞典の反省会はコチラ。

bamboodragon.hatenablog.com