快晴無頼庵

快晴武頼庵

競馬を血統から考えるブログ。フロックでも何でもない。

2018上半期反省会

平素よりお世話になっております。

本日、競馬界の上半期総決算宝塚記念が行われました。結果はこちら。

f:id:kago26:20180624163531j:image

僕の◎キセキは2番人気8着。しょーもない予想をしてしまったと反省しています…

 

(厳密に言えばまだ6/30が残っていますが)これで上半期の競馬も一区切りつきました。

ということで(?)今期の馬券を振り返り、今後に活かすべく反省点を探していこうと思います。

いつにも増してプライベートな記事になりますが、時間を持て余している方はどうぞお付き合い下さい。

2018年馬券ルール

年始に以下のルールを定めました。

①平場の購入レースを絞る

以前は関西のレース1~12R全て買っていたが、この買い方でトータルで勝ち越すのは流石に難しい。ある程度厳選したレースだけ買う。

②血統で予想する

上記のレース選びの基準。予想ファクターは色々あるが、穴馬を探すのに最も適しているのは血統だと思う。某亀谷氏の書籍から得た血統理論が殆どなので多少偏りがあるのが難点。まだまだ勉強が必要。

③穴馬の単勝/複勝で勝負

「軸は来たのに相手が来ねぇ」という馬券あるある。ならいっそ単複で買えばいいんじゃねーのと思うように。その他多くのメリットがあるけど長くなるので割愛。

実践。

結果を月毎に振り返ります。

1月

1/6 新年早々淀現地からのスタート。福寿草特別にて8頭立7番人気アイトーンの単複的中など好調な滑り出し。なお金杯は両方外した模様。

1/27 京都新馬戦にて10番人気ヒロノオリオン、8番人気ミキノトムトム複勝をそれぞれ的中。2頭のワイドは134.8倍の万馬券となり、それを取り逃がしたことで単複馬券だけを買う事に対する迷いが生まれる。

【寸評】平年以上の好スタート。いきなり方針がブレ始める。

【回収率】83%

【的中率】25%(24R/95R)

【的中重賞】フェアリーS/京成杯

2月

2/4 きさらぎ賞を現地観戦。東京新聞杯にてサトノアレスの複勝的中。それ以外はパッとせず、マイナス収支で帰宅。かなしいなぁ

【寸評】大きな当たりが無かった。回収率を大きく下げる結果に。

【回収率】60%

【的中率】22%(23R/103R)

【的中重賞】東京新聞杯/クイーンC

3月

3/11 中山1000万下にて11番人気メイショウボンロクを単複で的中。さらに昇竜Sで10番人気メイショウヒサカタの単複的中とメイショウさんに感謝の日に。

【寸評】今年初の月間プラス収支達成。重賞もそこそこ的中したので満足。阪神は当たらぬ。

【回収率】140%

【的中率】28%(21R/74R)

【的中重賞】オーシャンS/フラワーC/ファルコンS/日経賞/高松宮記念

4月

中旬までさっぱり当たらず。

4/21 福島牝馬Sにて7番人気キンショーユキヒメの単複的中。国内重賞で単勝取れたのは今年初。(海外含めるとマインドユアビスケッツ。)

【寸評】なんとか2ヶ月連続でプラス収支達成。この頃から「長期的に見れば単勝一点の方が回収率上げやすいのでは?」と考え始める。

【回収率】117%

【的中率】19%(11R/59R)

【的中重賞】大阪杯(トリガミ)/福島牝馬S/フローラS

5月

ルール変更:平場での馬券種を単複→単勝

土曜日ボウズ→日曜回収でプラマイゼロという週の連続。

5/13 ヴィクトリアMにて8番人気ジュールポレールの単複的中。対抗の7番人気レッドアヴァンセも3着に好走。

5/20 東京未勝利戦にて13番人気サクラトップスターの単勝的中。112.1倍で人生初の単勝万馬券となる。f:id:kago26:20180628190021j:image

オークスで調子に乗って賭け金を上げた結果普通に外す。

5/26 葵Sにて9番人気ゴールドクイーンの単勝的中。

5/27 ダービーで調子に乗って賭け金を上げた結果普通に外す。

【寸評】単複→単勝に絞ったことにより、的中率自体は大幅に減ったものの回収率は上昇。3ヶ月連続でプラス収支達成。G1だからといって賭け金を上げても良いことはないと学んだ。

【回収率】250%

【的中率】10%(5R/50R)

【的中重賞】ヴィクトリアM/葵S

6月

2週連続ボウズからのスタート。

6/16 東京新馬戦にて12番人気ラインカリーナの単勝的中。

【寸評】4ヶ月連続でプラス収支達成。やっぱりA.P.Indyって神だわ。阪神マジで当たらん。

【回収率】157%

【的中率】6%(3R/51R)

【的中重賞】なし

ということで結果はこんな感じ。

2018上半期成績

回収率:123%

的中率:20%(87R/432R)

f:id:kago26:20180624175749j:image

↑これはPAT購入分だけなので、現地負け分含めると上の数字になりました。

なんとか逃げ切り成功しました。

とはいえ反省しなければならないことも…

反省点①方針ブレすぎ

1月の時点で馬連ワイドを買ってみたりと結構ガバガバだった。更に言えばそのせいで外してるので救いが無い。下半期は平場は単勝、重賞は単複という買い方を徹底していきたい。

反省点②置きにいって外す

顕著に出たのが宝塚記念。勝った7番人気ミッキーロケットは血統評価も高い上に、前々走で◎を打った馬。他にも穴に拘っていれば高配当を取れたのに…という事が何度も見られた。これは持論だが“単勝”を買う以上、人気馬を選んだ時点でトータルでの負け確定みたいなもんである。購入下限オッズを決め、あくまで穴馬狙いを貫くべき。

この辺を矯正して更に成績を上げられるといいなぁ…あと予想の質自体はそんなに悪くなかった(と思う)ので下半期も血統予想でいく予定。

因みに各条件での成績はこんな感じ。

単勝回収率】160%

複勝回収率】94%

複勝が足引っ張ってることが分かりますね

【重賞本命馬成績】4-10-8-44

【重賞本命馬単勝回収率】59%

【重賞本命馬複勝回収率】77%

↑うーんこの

【開催場別回収率】

函館:0%(0R/7R) 福島:145%(2R/10R) 新潟:56%(1R/9R)

東京:270%(21R/89R) 中山:49%(11R/71R) 中京:197%(9R/31R)

京都:100%(30R/119R) 阪神:47%(10R/81R) 小倉:38%(3R/15R)

↑中山阪神開催やめません?(提案)

まとめ

まぁなんだかんだ言ってもプラスで折り返せたのは良かったと思います。

もしかして僕、馬券の才能あるんじゃないか?

f:id:kago26:20180617162721j:image

↑すみません。

下半期の目標は『現状維持+α』。

プラス収支をキープしつつ、特に重賞をより多く当てられるように予想の精度を高めていきたいと思います。宝塚から始めた予想記事も継続していこうと思っているので、そちらもよろしくお願い致します。

 

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

また次回も読んで頂ければ幸いです。

それでは。